<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

中村製作所のアイソレーショントランス

はい、お察しの通りWBC優勝セールのときに買いました。例の23Kg程度のブツです。
d0035074_2343068.jpg

後ろが汚すぎるのだが気にしないでもらえると助かります。
筐体下部にはブレーカー(というかサーキットプロテクター?)、ソフトスタートスイッチ、DCサプレッサースイッチ。

内容物
d0035074_2353148.jpg

取説、付属ケーブルとユーザー登録葉書などなど。

背面
d0035074_23471887.jpg

ピントずれまくり。追加トランスは160VAが2個。これでは見えないがカーボンのオプションフット付き。
115V出力は使い道無し。内部の設定を変えて100V出力にしようかな。

無意味な対比
d0035074_23144420.jpg

なぜか対比物がPRO900とicon Mobile。他に真っ当な対比物思いつかなかったんかい。


使用感。
音が直接良くなった感じはしませんが、ノイズは激減、どころか、どの時間帯でも全く聞こえません。
HD-1L PEの電源ラインからくるノイズには相当悩まされてたんですが、それが嘘のよう。
まぁ音が直接良くなったようには感じないので「ベールが取れた」だとか「まるで靄が晴れたよう」なんて雑誌の評論のような変化はないのですが、音響用・産業用などの各種ノイズフィルターをかましまくっても全く取れなかった、カビのような頑固なノイズが消えただけでもうれしい。
私の給料だとかなりきつかったですが、値段の価値はあると思います。


余談
ProCableの重鉄をつかったタップ、あれって絶縁処理きちんとなされているのかな…。
ケースアースとあるから余計に気になる。
メガーで測ったらすぐ針が振れたりして…。
●追記
今更ながら、メガーって針が振れてその絶縁抵抗値が分かるんじゃなかったっけ?振れなかったら通電しちまったのでは?なんかお粗末なミスを書いた予感。これも間違いかもしれない。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-28 23:40 | オーディオ - 機器

ブツがくる!

ブツがくる!
夜も来る!!

…じゃなくて…。

ようやく頼んでたブツが土曜日に届きそうです。まるまる一ヶ月待たされたことになるのか…(;´-ω-`)
ちょいとさすがに長すぎた気がするが…。

そして私は何故か体調崩してダウン中。
ずっと元気にこれたのにこれとは…空しい。
先週の三日間の出張工事が響いたのだろうか?
土日も体が軋むような感じだったし、月曜もフラフラでていったし…。

しかし同じ仕事をした方々は一様にピンピンしているのです。やっぱり俺に体力がなさすぎるのが問題かぁ…。


●追記
ゾンビもくる!
http://www.4gamer.net/games/077/G007714/20090421008/
L4Dの拡張パッチがついにくる。太平洋標準時2時頃となっているが、同日中にPC版は遅れてリリースされるとのこと。
この「遅れてリリース」と「同日中に」がなんかすごく不安なフレーズに感じざるをえない。だって今までもそうだったし…。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-21 20:06 | 日常の雑感

新番組、色々やってますね。

Phantom ~Requiem for the Phantom~は、真下臭が強すぎる。この監督のガンアクション物は本当にワンパターンに思える。間のもたせ方とかさ。(といってもNOIR以降しか知らないんだが)
あとアインをNOIRの夕叢霧香と同じ動かし方させてないかな…。
いや、PhantomとNOIRは出た当初から類似性がありすぎるとかなんとか言われていたようだけど…月日が経ってPhantomの2度目のアニメ化(1回目は黒歴史)された今でも動きがだいぶ被って見える。
虚淵作品大好き(たぶんおそらくメイビー)な黒田洋介も脚本で参加しているが、どうなることやら。


爆笑した作品としてはクイーンズブレイドがあるが、あれは本当に酷い。w
裸体ばっかだ。しかも裸体を曝け出すための演出が酷すぎる。溶解液の癖に衣服だけ溶けるとか何なんだw
なんつうか自主規制なくすとここまでやれるものなのかと大笑いしながら見てます。
ちなみに地上波だと光源の変更などでぼやかすなど規制かけてるそうですがそちらは知りません。( ´-ω-`)

少々笑いのベクトルは違うが、他に大笑いしたものとしては戦国BASARAが。
こいつは相当な馬鹿話なのに異常なほど力が注がれて品質高め。Production I.G.ご乱心。
だがそれがいい。

けいおん!が人気高いのは京アニ製作だからかな?なんかニコニコ動画にけいおん!のMADが溢れ返っていたが…
カスタネットをひたすら流すものもあったが元はどんなシーンなんだか…。


余談。
ヘルシングだったか進め!!聖学電脳研究部だったか忘れたが、平野耕太が「クロノアとカテ公が一緒の声優と知って嘆いた」云々と何かに書いてあったことを最近思い出し、声優を調べてみると…。
…カテジナさんの中の人はぼのぼのとケロロ軍曹の声も当てていたのですね…。カテジナさんはあの狂いっぷりがまた好きですが、中の人がぼのぼのの声を当てていると知った瞬間、何か大事なものが壊れていった気がする…。
あの平野耕太が凹んだくらいだからどれほどの破壊力なのだろう、と思っていたが…これは十二分に破壊力あるなぁ…。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-14 01:12 | 漫画・小説・アニメ・映画など

日曜、名古屋中心部で起きた暴行事件の現場を通りかがったことに今気が付く。

http://www.youtube.com/watch?v=4K3xs5-FrGQ
4月5日(日曜)、名古屋市栄・三越前で熱弁を振るっていた維新政党・新風に対し在日韓国人が暴行。
警察の制止も振り切り再び暴行を行おうとした模様。

…日曜、大須へ行くためにこの現場の真横を通ったんですが…。
こんなことが起きてるとは全く知らなかった。
ただ事件が起きたのは17:30頃らしい。そこを通過したのは一時間ほど前である。
維新政党新風の選挙カーというか街宣車というかまぁそこの車が止まって演説してたんで、ああミサイル発射されて数時間後だしそりゃ抗議というか北朝鮮糾弾の演説もするわなぁ、と思っていた。(まぁ…演説ってかなんつーか、なんとも言い難いんだけども)
まぁ、新風は外国人排斥に積極的…と書くと若干違う気もするが、半島関連ではよく出てくる。
そのせいかやっぱり襲われることもあるのね。今まで警察と揉めてるだけで襲われるのは初めて知ったけども。

それにしてもだ。
なんでこの動画がリンク先を辿っただけじゃあ観れないのか。
なぜアカウントを持った人間でないと見れないのか。
不適切な可能性云々で行ったら他の動画も似たようなものだと思うのだが…。半島が絡むと日本フィルター越しじゃ不適切になるらしい。(動画のタイトルとかテロップの書き方もアレだけどね)
そういう隠し方は(厳密には隠してないが見せにくくするのは)どこの利益にもならないと思うのだが……困ったもんだ。

●追記
カット部分の後にもあったけど、この演説者、殴りかかってきた韓国人が最初に文句か何かを言いに言ったときに相当罵声を放っていたようだ。そら切れる。
てか、カットした部分はどういう内容なんだ。まぁ録っている人間からしたら相当都合の悪い内容だったのだろうけど。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-07 00:42 | 日常の雑感

Icon Mobileがとてつもなく小さい…。

店頭で聞いて気に入ったので購入。まぁ音が良かったというよりはポータブルヘッドフォンアンプが欲しかったのもあるけども。
最大の特徴……異常に小さいこと。
サイズはタバコケース以下名刺以上ってところで、厚みは100円玉6枚を重ねたくらい。
状況によっては手のひらに隠し持つことが可能である。別に暗器になるわけではないが。

電源の投入をするにはヘッドフォンジャックにプラグが刺さることによってオン、抜くとオフ。
一応扱いはUSB接続のポータブルDAC+ヘッドフォンアンプリファイアなのだが、一応ライン入力にも対応しており単なるアンプとしても使用可能。
(説明書によるとUSBとラインが入っている状態ではラインの入力が優先されるらしい)
なおマイク入力もついているがこれはiPhoneとの連動性を高めるためについているようだ。こちらのマイクADCは16bit。

付属品はゲイン調整用のスティック(先端はマイナスドライバーのような形状)、編組アルミシールドが施されたUSBケーブル・ステレオミニプラグ、iPodとIconMobile結束用ゴムバンド(nu Forceのロゴ入り)。

開封して早速聞いてみよう……と思ったら、まずはUSBバスパワーで4時間充電しろと来た。無視してすぐに聞きたいところだが、説明書によるとはじめの充電時間でその後のバッテリー寿命が変わるらしい。面倒な。

充電し終える頃には日付も変わってしまっている。明日からまた鬱な仕事だ。金曜日の新社員歓迎会のときに行ったキムチ料理屋の飯が当たって腹を壊し土曜一日安静。日曜は4時くらいになってからぶらぶらとでかけた。とりあえず一言言いたいこと。
待ちきれないし眠いから寝るか。


◆追記。
自宅でIcon MobileにDJ1PROを接続して聞いてみたらあまりの低音のなさに仰け反りそうになった。
擬音で表現するなら、DJ1PRO(こいつは低音がドコドコでる機種ではないのだが)の低音が「トントン」と若干ながら張っている感じの音だが、Icon Mobileで聞くDJ1PROの低音は「コッコッ」となんか掠れたような擦れたような情けない音が出てくる。しばらく通電していれば変わってくるか…?(※ちょっとずつ変わってきた。え、耳エージング?そうかもね)
ひょっとしたら最初から中高域伸ばして綺麗に聞かせるために強めのハイパスフィルターを使っている回路なのかもしれない。まぁ良く分からないが…。
でも他のヘッドフォンアンプと比較しても音場広い方だし良い感じだ。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-05 21:32 | オーディオ - 機器

もうだめだこの国

政府による誤報は2度も行われたしのはいくらなんでも杜撰だ。
レーダーで間違えて捕捉したのか?(実際にはスカッドが近くに落ちてたりして)
一方、野党は逐次情報だせと急かしながら
「無闇に動揺するよりも冷静に対処、いたずらに危機感をあおりすぎることも国際的に問題」(鳩山)
「国民に緊張、不安、混乱を招く」(志井)
「政府の大失態。間違ってミサイル防衛で迎撃していたら、先制攻撃にもなりかねなかった」(福島)

このザマだ。
政府も与党もどうしようもない。
(一番どうしようもないのが福島であるが。なんでこんな奴がいつまでも党首務めているんだ?)


んで本日の11時半すぎに"飛翔体”のブースター1段目が日本海に落下。続いて2段目が太平洋上の、北朝鮮による予想危険域の通告よりはるか手前に落下。
3段目はどこにいくのやら。

疑問だが。
なんで結局撃墜しなかったのか。
仮に太平洋を横断するコース、大気圏を脱せずに落下、色々あるだろうが、一番不安なのがアメリカ近くまで落ちた場合だ。
いまのところ落下の心配はなさそうではあったが、そうならばそれこそ米朝開戦となりかねん。
そして日本は撃墜しなかったことや在日米軍の展開を理由に戦争に駆り出される。

自国のことは自国で守る。日本は政治的な事由で自国を守ろうとしているが、他国の顔色なんぞ伺ったところで我関せずか関係国ならこちらの不利になるような条件の提示くらいしかしない。
イスラエルですらロケット打ち上げの際には他国に落下せぬよう細心の注意を払っているのに、わざわざ日本上空を通過させる形で飛ばすものはこちらへの挑発行為や軍事力の誇示以外になにがあるというのだ。

別に戦争を引き起こさせる必要はない。
が、国際慣習上、戦争原因になりかねないものは潰したほうが火種は消しやすい。
いや、潰しても火種が消せないのが日本か。国際慣習の中では日本のアクションは常に消極的と認識されてしまっているかもしれない。だからいつまでたっても出し抜けないのだろう。

搭載しているものがなんであれ、日本は"飛翔体”を撃墜すべきだった。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-05 13:06 | 日常の雑感

パトリオットミサイル - 通称が同じでも中身が違えば効果も異なる。

今日知って驚いたことである。
(私の中で)知られざるPAC-2とPAC-3の違い。
私は物事を知らなさ過ぎるとよく指摘されるが、多少は知識はあろう…と思える分野でも全然知らなかった例。
私、専門は兵器全般ではなく銃器ですので…  と思えども、そちらも間違いだらけなことが多かったり。

んで題にあるPAC-2とPAC-3の違いとは。
PAC-2はミサイル弾頭が破片爆破を起こし、迎撃目標を破壊する方式。
この方式では弾頭やその他諸々が生き残る確率が高めで、迎撃しなければならない要の部分が結局落ちてくるというケースがあったそうな。
湾岸戦争での実際のスカッドミサイル迎撃率が低かった一因にはそれがあるようだ。
そのほかにもスカッドミサイルの発射位置特定に相当苦労したのもあるようだが…。移動式発射台は恐ろしい。
話は飛ぶが、以前、NHKの軍事特集でロシアの弾道ミサイル発射トレーラーを動かす際、
「メディアに見せるために動かすことをアメリカに事前通告した」
「監視衛星でトレーラーが基地を出ているところはわかるが出たあとを探し当てるのが困難故、下手な緊張や軍事問題を起こさないために必要な手続き」
などといっていたが、どうなのだろうね。

それに対し、PAC-3は
PAC-2と似たような破壊(破片ではなくペレットによる破壊)も行うが、それがメインではなく、
迎撃ミサイル本体を迎撃目標にブチ込むという方式を採用。
弾頭の破片ではなくミサイルの運動エネルギーを利用しているので威力が桁違いとなっている。
飛翔体そのものをぶつけられるようになったのはテクノロジーの進歩によるものでしょうが、「本体の運動エネルギーで対処」というのは湾岸での戦訓も大きく影響しているものだと思う。たぶん。

まぁWikipedia読んだほうがある程度まとまっていて分かりやすいと思う。
パトリオットミサイル - Wikipedia


余談だが、最近年配社員からどつかれることが多く、疲れる。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-01 00:34 |


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧