<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

拳銃の一般的な機構・作動方式 2

さてこの話題についてすっかり更新を忘れていた次第ですが、いいかげん再開したいと思います。

ストレートブローバック・ディレードブローバックの仕組みについては以前の投稿で粗方分かっていただけたと思う。
(なお、この投稿を書くにあたって再度編集した)
今回はそのディレードブローバックの中でも、代表的なショートリコイル方式について解説しよう。


ショートリコイル
弾丸の発射によって生じた反動を利用するリコイルオペレーテッドの一つ。
9mm×19弾などのハイプレッシャー弾薬に対応しており、一部の機関銃にも採用されているが、多くは拳銃で用いられる機構である。

発射前、スライドとバレルは固定され、弾薬の入ったチェンバーは完全に閉鎖されている。
発射すると、それによって生じたガス圧をにより薬莢の後部はスライドを押すが、その際スライドは「特別な機構」によってバレルを閉鎖したまま共に数ミリ後座する。
後座し終える頃には弾丸はバレルを抜けており、発射ガスの圧力も安全域まで下がる。
その後、スライドはバレルの固定を解除、空薬莢を排出して、再装填を行う。

ショートリコイルの欠点としてはバレルを動かす必要があるためバレルは固定されず、寸法も作動に支障ないようにルーズに作られているため、振ればスライト内でバレルがカタカタと音を立てる物が多い。
シビアなシューターはそれを嫌い、競技用のカスタムハンドガンではバレルはカッチリとして動かないようになっているが、競技でもなければバレルのがたつきに実用上の問題はない。逆に言えば作動面からすればその程度のクリアランスは必要である。(なお市販のものでもバレルがカッチリとしたものはある)


ショートリコイルには主に
・ブローニング方式
・ブローニング方式・改
・プロップアップ
・ロテイティングバレル(ターンバレル)
といった方式が存在するが、「特別な機構」とはこの違いだけであり、基本的にはどれも似たような作動をする。
それでは各閉鎖方式について解説をしていこう。

※続き※ 各閉鎖方式について
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-30 03:36 |

TOSHIBA 28DW66

さて、これは何の型番でしょう。

答えは、うちで使っているTVの型番です。

何型かはわかりませんが、ワイドバズーカというとにかく横幅の広くでかいTVであります。

つい先ほど、ノイズが走った挙句、画面がぷっつり切れてまったくつかなくなるという危篤の状態になりました。もしかしたら11年間我が家のTV環境を支えてきたこのTVもご臨終かも。(´・ω・`)

おそらく近所の電気屋に修理を頼むこととなりますが……ブラウン管を使うTVであるし、それに11年前のTVですから、PL法の定める、8年間の部品保存期間も経過しておりまする。

最新のTVと業者の押し売り新規格が乱立している現在にTVを買うことはとんでもない博打でありますので、買い替えだけは避けたいところであります。
だれかしっかり直してー((((;゚Д゚))))
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-28 19:58 | 日常の雑感

闘病第一回・医者に行ってきた

正直に申すが私の持病は欝である。
これを直さぬ限り私の人生に未来はない。
自分にとって大事なことであるので、闘病、という言葉を用いてBlogに載せることにした。



名古屋から少し離れた駅前に医院はあります。中に入ると噂どおりの混み様。さすがは有名なだけはある。
受付で簡単な説明の後、待つこととなった。
診療所の中はBOSEのスピーカーが妙に細い線でクラシックを流していた。
それにつながっているアンプとかトランスポーターが無性に気になる。
まったくどうでもいいことに囚われること4,5分。呼び出され、カルテ作りのために個室で簡単な質問をされることとなった。

その続き
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-26 01:38

明日から…

明日から、また大学の講義が再開する。
思い返して欝になる。
決して大学で講義を受けることが欝なんじゃない。
周りの人たち、大学の雰囲気から、何かをしよう、成し遂げようと頑張る人々がたくさんいる。
彼らはとても活気に満ちていて、そんな彼らを見ると嬉しくなる反面、何もしていない自分が浮き彫りになる。自分は少しでも何か成し遂げようとしたことがあるのか…。
ジグソーパズルを組み始めてては出来上がらないことに苛立ち、すぐ捨てるようなことを繰り返してきた。できそうにないことを実現すると高らかに宣言する。そうすればできないことで相当苦しむというのに。
それを何回繰り返しても一向に直す気もない。未来に希望なんて持てない。こんな人間がどのように望を持つのだ。どうしようもない絶望感が思考を覆い尽くす。


今年の夏も酷いものだった。
その日一日の実を考えられず、結局何もしなかった。それが嫌で嫌で、次の朝がくるたびにそれを苦痛と思ったほとだ。
だが娯楽以外何もする気にならなかったのも事実である。ただ時間を浪費するだけで、この2ヶ月間近く、生きている実感が持てなかった。いつものことといえばそれまでだが。



いや、今日はこれくらいにしておこう…。
この投稿を書いている途中にVAN HALENの"JUMP"をかけた。
CMにもよく使われる曲で私は歌詞もよく分からないが、シンセサイザーのメロディが美しいこの曲は何度聞いても、新しい世界の幕開けを予感させるような、そんな気分にしてくれる。大げさではなく、途中でこの欝文書きを切り上げようと思ったのは実際にそういう気分になったからだ。

……こんな気分だからか、VAN HALENの曲のリズムがとても心地よく感じる。

身に染みて、感じた。
音楽って、本当に良いものだね。
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-21 02:27 | 大学

万博のお土産(自分用)

昨日はヨーロッパ館を中心にパビリオンを巡回。先週の巡回した館と合わせるとこれだけ見にいきました↓

~グローバルコモン4~
・ロシア館の横に置かれて、喧嘩売られているとしか思えない【リトアニア館】(リトアニア含むバルト三国は自国の教科書に、いかにソ連から独立したかを延々と書き連ねているほど、ソ連に恨みがあるらしい。ところで、リトアニア館で流れるムービーに出演している日本人は、 (´・ω・`) ←この顔の入ったTシャツを着ていたんですが……いいのかな)、
・日本との関係を江戸時代の風刺画のみで展示している【ポルトガル館】(コルクの木から作られた畳はなかなか良かった)
・歴史遺物の紹介に徹して「長寿と健康」という題目に一切触れてなかった【コーカサス共同館】
・技術・福祉先進国として次世代のデザインを展示する【北欧共同館】(オススメ)
・パノラマスクリーンで豊かな自然を見せながら自国の観光案内をする【ポーランド館】
・ソリですべるだけ、もはや意味不明の【オーストリア館】(民族衣装は可愛かったが、着ているのはほとんど日本人)
・スイス軍のライトを改造した会場案内を使いながら、展示物によりスイスの歴史を学ぶことができる【スイス館】(一番のオススメ)
・グループごとにガイドをつけ、過去の芸術家の絵から、その絵の解釈を教える【ベルギー館】
(そこそこオススメ)

以前の投稿にグローバルコモン1の紹介をしたので、今回は3だけです。
が、折角なので他の見学した館の内容(と感想)も書いておきます。
~グローバルコモン2~
・「自然との英知」という万博のお題を一番忠実に守っている【メキシコ館】(オススメ)
・展示には期待せず、最初からアルゼンチンのおネエちゃんを見に行った【アルゼンチン館】(アルゼンチンのおネエちゃんは綺麗だ)
・水のろ過や、地球の環境破壊問題、時間帯によっては国連スタッフによる(?)環境問題の講演もある【国連館】

~グローバルコモン3~
・タイルとバザールの【モロッコ館】(タイルとパビリオン外壁を流れる水以外とくに見るものはない)
・液晶TVでウィンタースポーツの解説をしているだけの【ボスニア・ヘルツェゴビナ館】(紛争のせいで展示にかけられるお金がなかったのかなと邪推をしてしまう)
・大仕掛けで自国を紹介する意外性№1、【クロアチア館】(オススメ。紛争で内政疲弊して大したものはないんじゃないかと思っていたのですが、予想以上の仕掛けを見れました。クロアチアの国内はほとんど戦火に巻き込まれることはなかったため紛争による被害は少ないようです)
・歴史の様々な幾何学模様を見せる【トルコ館】(見ててだんだん3D酔いのようになってきた)
・タンカーで運んできた死海が売りの【ヨルダン館】(水着もってくれば泳がせてもらえるそうですが、同時に来場者の見世物になります。私ゃ見世物になるより泳いでいる人を見たい方なのでやりませんけど。で、見に行きますのでどなたか泳ぎにいってください。綺麗なオネエさん奨励)

色々見れたわけですが、万博って予想以上に面白いんですよね…。地元の人間なんだから、もっと早くから見に行けばよかったと後悔。
一番込みそうな日本ゾーンや、企業館、押井守監修の「夢見る山」なんて全く見てません。ああ見たい見たい。万博開催期間、もう少し伸ばしてもらえないかなぁ…。

上の話とはまた変わるのですが、今回の万博は「地球と自然」とかそんな内容ですが、上にあるように企業の宣伝だけだったり観光案内だけだったりして、お題を守っているパビリオンは少ないです。
それに、今回の「愛知万博は成功している」とBIE(博覧会国際事務局)が発表したそうですが、来ているのはほとんどアジア系、というか、もう日本人ばかり。どこまで成功しているのかな、と疑問に思うところはあります。
前回大失敗したハノーバァー国際博覧会は当初4000万人の来場を予定していたそうですが、実際に来たのは2000万人。それでも今回の万博と同じくらいの人数です。愛知万博の入場予定数は1500万人なので、それを越しても前回と同じ人数だというのに、BIEが「成功している」と発表することには少し疑問です。
(ただし、向こうは陸続きで入国にもパスポート不要な欧州連合の一部で、こちらはアジアの(孤立した)島国であることを忘れてはなりません)

ただ愛知万博中止の会 が主張する「経済効果に疑問」などは、一応黒字を出しているので問題ないようで。(ただ元々100数十億円の黒字だったところが、ガードマンを大量に配備したため数十億円の黒字に落ちたとか…やっぱり人件費は一番金かかるようです)



…まぁ。


愛知万博は面白いからいいんですけどね。( ´∀`)



話は変わりますが(本当はこれが本題なんですが)、わたくしスイス館で自分へのお土産を買ってきました。
物はスイス・ヴィクトリノックスの十得ナイフ(スイス アーミーナイフで有名な会社)です。これがわたくしにとって初ナイフですよ初ナイフ。まさか万博で買うことになるとはおもわなんだLOL
ヴィクトリノックスのHPを確認したところ、私の買ったものはオフィサーナイフ「トラベラー」の万博仕様のようです。スイス人にとっての富士山こと、マッタ-ホルンが描かれております。
このナイフ、記念品として素晴らしいものになるでしょうが、一つだけ(だがすごく)不満なところが…。

このナイフにはロック機構が一切備わってないんです。つまり、下手をしたら切っている最中に刃が閉じて怪我をする可能性があるんです。(一応、簡単には刃を出し入れできないようになっていますが)
これは相当怖い。だからこのナイフを使うときはナイフ部分はたぶん使わないでしょう。そんなわけでしっかりしたナイフ部分を欲しいときはこちらのライナーロック付きのナイフを買うかも。遠い先の話ですけどね。

けど、どうせナイフ持つならちゃんとしたシースナイフも欲しい。シースナイフなら、このストライダーナイフが欲しい。あとフォールディングナイフならマスターオブディフェンスかな。
ってどんどんおかしな方向に。私はナイフも好きなわけです。(こちらは詳しくないけど) こんなこと書くとますます怪しい人に見られそうだなぁ。
だが銃と刃物は男の浪漫なので突っ込んではいけません。どちらも嫌いという人はまずいないでしょうけど、もしそうだという人がいるなら、私からすればよほどおかしな人だなと思ってしまいます。「銃は人類の敵」「ナイフは人殺しの道具」とかいうアホらしい教育とマスコミの教えを忠実に守っているんでしょうね。悲しいことです。


最後に、ナイフの販売で有名なフリーダムナイブズのHP
クラッドチタンブレード良さそうだなぁ。
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-18 19:31 | 日常の雑感

「ぴくせるまりたん」なる本

http://pixel-maritan.net/

合衆国海兵隊の使う英単語を、“美少女”キャラ(単に頭身が低いロリキャラじゃねえか!)が教えてくれる素敵な単語帳。まぁ乗りは「もえたん」と同じなのだが。
だが…

いかん、これ欲しい…。

いやいや、私は絵に惹かれたわけでもないしトチ狂ったわけじゃない。
海兵隊の英語と各国キャラクターの設定の皮肉りがすごいので欲しいんです。
皮肉りの例。以下、キャラクター紹介より、
【あーみーたん】  
13歳の出稼ぎ2等兵。米国市民権を得るために今日もがんばる苦労人。故郷の両親や弟たちに仕送りをしているのでとっても貧しい。
◆ふりっつへるめっと…なかにはアメリカンドリームがつまっている。
妙にリアルで……この設定泣けそう…。


傑作なのがこいつの設定
【じえいたん】
生まれの不幸を小さな体に“背負った”11歳の自衛官。それでもけなげに祖国のためにがんばっている。ちなみに本名は「九条しのぶ」。他意はない。
◆じえいたんあたま…とりあえず下げる
◆じえいたんさくら…散る姿がうつくしい
◆いのち…地球より重いらしい
◆けんぽー…さらに重い

◆じえいたん手足…朝日で毎日しばられている
ちなみに文字だけでは分かりづらいのでHPのキャラクター紹介の絵を見てもらいたいのだが(ロリ絵につき免疫のない方注意)、背負っているランドセルには憲法が入っているようだ。やはり9条は不幸を背負っているのと変わらないわけですよ。
ちなみに手足は何かにしばられているんですがやっぱりこれにも他意はないですYO


GUN誌読者の私は知らなかったがアームズマガジンでも紹介されていたようだ。
さすがは硬派なGUN誌、グラビアを載せるアームズと違い、部数減りまくって死にかけでもこういうものは載せない。リポートでも写真に女性が写ることは殆どないしなぁ…。それがまた安心できるのだけど。

現在この本は売り切れ続出のようです。
最近、もえたんを筆頭にこの手の本が出まくっていい加減嫌になっていたのですが、さすがにこの本には興味がある。
ちょいと探してこようかな。



あと、もうひとつ読みたい作品
パウル=カレルの作品一覧
彼はドイツ側からみた第二次世界大戦を書いており、戦史好きとしては非常に気になるものばかりです。
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-15 00:38 | 漫画・小説・アニメ・映画など

衆議院総選挙

投票しに行ってきました。
私が投票したおかげか立候補者はしっかり当選できました。これも私の人徳の為せる技です。ああ素晴らしき私。称えよ、素晴らしき私。

まぁ戯言と思われるでしょうからそのことは置いといて、私、昨日の夜中はクランのオフ会について話し合ったり各政党のマニフェストを読むためずっと起きておりました。
6時になったころいい加減に寝たのですが、結局3時間後に叩き起こされ投票に行って参りました。帰宅してからもずっとおきておりましたのし、夜中は夜中でまたこうして起きているためほとんど寝ておらず、マジで眠いわけであります。体の疲労も極度でありまする。
てか何故自分がこんな夜中(というか朝じゃん)まで起きているのかさっぱりわけりません。何でだろう…(;´Д`)

話を選挙に戻しますが、どこの選挙区かはいわないのですが名古屋でも有名な人に投票しました。別に有名だから投票したわけじゃありあません。目を引く政策があったからであります。
またその人は敵対政党を嫌って別の政党にいながら、やることは敵対政党の昔のやり方、というまた面白い人です。まぁ敵だろうといいところは真似てもいいのではないでしょうか。

ちなみに比例はその立候補者とは別の政党にいれました。比例も立候補者と同じ政党にいれるべきだろう、じゃないと候補者が当選しても力を出し切れないぞ、という声もあろうかと思いますが、どうしてもそこの政党に票を入れるのは抵抗がありました。一体何にどのように適用するつもりかは知らないが、○権の委○なんて掲げている政党に誰が入れるものか。ふざけるな○田。
私だってそれなりに信念があって投票したわけです。



話は変わりますが、うちの親父は○権の委○を肯定しやがります。憲法に規定として備えていたらある意味画期的だ、とかほざくんですが、いったい○権の委○なんて何の機会に必要になるのやら。理解に苦しむ。
また、当人はよりグローバルな視点から見据えたコスモポリタニストだとか言うんですが、私は民族は民族、国家は国家、領土は領土という思考で、コスモポリタンなんてありえないわけですよ。別に国家の純益を追求すればいいと思っているわけではなく、全体で正すべきことは正せばいいとは思うんですけど、コスモポリタンとか仰々しい単語を出されるとこちらとしてもムキになる。
コスモポリタンの正しい定義はよくわかりませんが、彼らの理想は人類の地球市民化、国家の枠組みを超えた「宇宙船地球号」の地球政府の構築(私はこの「宇宙船地球号」という言葉の安っぽい響が大嫌いなんですがね)、みたいなものでしょう。
仰るのは結構だがそのまえの各国間に積み重なる問題の解決が先決なわけです。だいたいアジアの問題も解決できそうにない(てか関係各国がその気じゃないんだから解決のしようがない)のに、片付ける前から「世界平和が…云々」「地球市民として…云々」といわれても絵に描いた餅を出されているように感じるのですよ。

…ってしっかり本人に言えればいいんですけどね。論文でいくつか賞とった人ですから、こちらが反論する前に次々と痛いところ突かれて簡単に論破されます。相手は言いたいこと言いたいだけなのにムキになって反論するのは私にも引き継がれた悪しき遺伝です。勉学の才能は全く引き継がなかったのにこんなつまらん性格の遺伝だけは沢山。こんなものいらないですよ。

だんだん話の収集がつかなくなってきたので今回はここまで。



そうそう、私は今回比例で某政党にいれたわけですが、支持しているわけではありません。(考えてみれば白紙で出す手もあったなぁ…)
ちなみに私の支持政党はこちらです。
まぁこの政党の構成員なんて全く支持しちゃいませんがね、政党の趣旨だけには賛同するわけです。
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-12 05:50 | 日常の雑感

拳銃の一般的な機構・作動方式 1

(記事の一部を修正)


[拳銃]
自衛隊では片手で保持して照準、発射する銃としている。
通常、軍関係者内ではハンドガンと呼ばず、「ピストル」または「サイドアームズ」としている。

[Handgun]
拳銃のこと。その形態に係わらず、すべての拳銃をさす。

(『GUN用語辞典 GUN誌12月別冊』・国際出版)

一般的な軍用拳銃から、ショットガンの410番弾を発射できるペッパーボックス(リボルバーのバレルを切り落としたような銃)、ライフルのストックをソウド・オフ(切り詰め)してハンドガンとしたもの、象撃ちライフル弾.600を撃てる巨大な"ハンドガン"(記憶が正しければこの銃はギネス認定されている)まで、
拳銃といっても一概にいえない。
それ故ここでは「拳銃弾を使う拳銃」を拳銃として扱う事にした。拳銃弾は拳銃弾としてある程度の分類分けが為されているためだ。また、扱う機構は基本的にプルーフ(証明)された物に限定する。プルーフの基準としては、『軍用』『作動の信頼性で評価を得ているもの』の二者とする。
以上のことを、本投稿を読まれる前に了承いただきたい。


作動方式
拳銃には使用する弾薬にあわせ、大きく分けて二種類の作動方式がある。ストレートブローバックとディレイドブローバックである。後者は持ちいるハイプレッシャーカートリッジ(より強力な弾薬)の反動を抑えるため複雑な機構が必要で、部品点数が多くなる。そのため故障の可能性は後者が上となるが、実用上必要な機構であり、これ以上簡略化できないところまで来ている。


ストレートブローバック
構造は至極単純で、メインスプリングの強さとスライドの重さだけで弾薬発射の圧力を抑え、銃身内から発射ガスの圧が下がったと同時にスライドが後退して排莢・前進時に装填を行うようになっている。
基本的に弱装弾に用いる。9mm×18弾(マカロフ弾)、9mm×17弾(.380ACP弾、9mmクルツ弾)がストレートブローバックで作動させられる限界となる。しかしストレートブローバックで作動させられるとはいえ、これらの弾を撃つと相当きつい反動が手を襲う。
この作動方式はロシアのマカロフピストルくらいで、軍用としてはほとんど採用されてない。理由は現在の軍隊は9mm×19弾(9mmパラべラム弾)以上のより強力な弾薬を採用しているためである。
ベルギー・FN社のFive-Sevenピストル(口径5.7mm×28弾)がストレートブローバックに極めて近い機構を採用しているが、あの銃の機構もディレイドブローバックに分類される。


ディレイドブローバック
現代軍用ピストルの一般機構といって差し支えない。
この機構は9mm×19弾(9mmパラベラム弾)以上の強力な銃弾に用いる。理由はスライドの重量とスプリングの力だけでは発射時の圧力を抑えきれず、薬莢切れを起こすからである。
そのためディレイド(delayed)ブローバックは文字通り、特別な機構によってスライドを極短い時間だけ固定、その後退を遅らせることができる。この極めて短い時間でバレル内の圧力は一瞬で低下し、安全になったところでスライドのロックが解除されて後退・排莢、前進・装填を行うのである。文字にすると長いが、これらの動作は一瞬で行われる。

ディレイドブローバックにも大まかにわけで代表的な二つの作動方式がある。
リコイルオペレーテッド
  …弾丸の発射で生じた反動を直接利用する 
   ◆ショートリコイル
    ・ブローニング方式
    ・ブローニング方式・改
    ・プロップアップ
    ・ロテイティングバレル(ターンバレル)

   ◆ドグル・ロック・アクション

   ◆ローラーロッキング

ガスオペレーテッド
 …弾丸の発射で生じたガスを利用する   
   ◆ガスロック
   ◆ガスオペレーション(リュングマンタイプ)

が存在する。

ディレイドブローバックの各方式の詳細は次回以降の投稿で扱う。
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-05 05:16 |

ハエを箸でつまむゲーム

http://www2.abc.net.au/fly/flysui/flysui.html

マジで難しい……無理!!(;´Д`)
[PR]
by CompoundBow | 2005-09-02 14:16 | ゲーム


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧