カテゴリ:オーディオ - 雑感など( 52 )

別ブランド品だったのかい

OTAI AUDIOのHPを見ていたら、MUSICAのパッシブアッテネータATT-100の説明文のところで
MUZICA(ムジカ)とは聞き慣れないメーカー名だと思いますが、
実はクリーン電源で有名なCSEが製造、販売をしております。

とあった。
一瞬、分けが分からず両社の会社概要を見てみると

CSE
〒503-0947
岐阜県大垣市浅草2-102
TEL:0584-89-7791 FAX:0584-89-5696

MUSICA
郵便番号 503-0947   岐阜県大垣市浅草2丁目102番地
電話 0584-89-992
ファックス 0584-89-5696

あらら。同じ番地内に社屋を構えているとは全然知らなかった。しかし電話こそ別々だがFAXの送り先は同じときた。MUSICA製品の製造はCSEで行っているという話があるから注文書が工場と事務の両方に送られる仕組みになっているのかもしれない。電源ケーブルの先についているプラグも他社の電源ケーブルでは見かけないものだし、なるほどなぁ…とおもってしまった。


で、思いっきり話が変わるのですが。
HD-1L Professional EditionにはトロイダルコアではなくRコアトランスが搭載されてますが、こいつは概して突入電流に弱いなど弱点を抱えているとのこと。(こちらをご参照あれ)まぁメリットがあればデメリットもあるといった感じですか。
この前借りた某社の安定化電源は非常にいい感じでHD-1L Proのノイズも見事に止まっていたのですが、そいつは場所とる上にかなーり高いので悩みどころではあります。繋げる機器も今のところ一つしかないし…。…いや、まぁ悩む以前に買えないけど…。
そこでMUSICAのibf10を急ごしらえとして導入するか、と考え中。
まぁ今までのMUSICA製品のことを考えると中に何が入っているかわかったもんじゃないですが、特別仕様とはいえ絶縁トランスならある程度絞り込めるだろうし…
気に入らなければ筐体だけ取って中身だけポンと替えるとか。CADで図面作成して板金屋に筐体注文すんのは金かかりすぎるような。だから箱だけ残してカスタマイズと。
まぁ電源や回路勉強中のド素人が下手に触ると機材ぶっ壊れか酷けりゃ火災に繋がるので、職場の先輩に相談しながらやってみるか…。
…なにやらカスタマイズが前提となっている気がする。デフォで問題ないならそれでいいんですけどね…。
[PR]
by CompoundBow | 2008-04-29 09:14 | オーディオ - 雑感など

k272HDとかK242HDとか現在の環境とか

おっかしいなぁ…AKGの新製品の値段が気になって調べてみたものの、ヨドバシやビックカメラくらいしか値段が出てこない。他の店の値段が気になるのですがまだ取り扱ってないんでしょうかね。

代わりにサウンドハウスでk271mk2とかk241mk2が売られてますが、こいつは存在自体知らなかった。代理店のハーマンでは扱ってないんすね。

しかし予想価格39,000か…予想以上に高い。
初任給で~なんて考えてましたが甘かったか…。(;´-ω-`)


そういや各社が一斉にバランス型ヘッドフォンアンプを出すようで、気になるような気にならないような。
まぁ、当面はバランス化とかより現在の環境をなんとかしたいんですが。
スピーカー欲しいしもっと言うとスピーカー置ける空間が欲しい…。
店で聴かせてもらうだけじゃ色々と申し訳ないですし…。

●追記
フジヤエービックの新製品ページに載ってましたが、例のごとく値段が「お問い合わせ」となってでてない。(´-ω-`)
以前フジヤに「何故値段を公開しないのか」とメールで聞きましたが確か「販売元や他店から睨まれる」みたいなニュアンスの返事がきたような。もうメールが残ってないので内容が曖昧ですが。
[PR]
by CompoundBow | 2008-04-22 22:07 | オーディオ - 雑感など

AKGの新作気になる…(´・ω・`)

●k271/k171の後継機
http://www.harman-japan.co.jp/product/akg/k272hd_k172hd.html


●k241/k141の後継機
http://www.harman-japan.co.jp/product/akg/k242hd_k142hd.html


欧州のスタジオでは定番だったAKG k271/k241がブラッシュアップされ新登場。
その名もK272HD/K242HD。

ぱっと見て分かるのは、前世代ではあった小型のキャノンコネクターによる着脱機能がなくなってますね。あれは機材側のプラグの抜き差しすることなくヘッドフォンをつけたまま歩き回れるよう外せれるようになっている、と聞いたことがありますが本当のところはどうなんでしょう。
まぁそんなことはどうでもいいですけどかなり欲しいヘッドフォンです。k271はクラシックの得意な無難オブ無難。費用対効果最高。それがさらにパワーアップしてるというのなら尚更です。

まぁ一番気になっているのはK601なんですけどね。
最近、なんとなくですがK701は自分に合わないなぁ…なんて気がしてきまして。Ultrasoneのヘッドフォンに慣れすぎたせいかもしれませんが。
K601はK501の順当な進化系らしいのでかなり気になる。しかし名古屋でK701かStudioシリーズの視聴機はあれどもK601の視聴機をみたことがない。(記憶の限りでは)
聞く場所があれば聞きに行くんですが。
[PR]
by CompoundBow | 2008-04-10 21:06 | オーディオ - 雑感など

おーでぃおふぇすた

名古屋国際会議場二号館にてオーディオフェスタin名古屋開催中。
初日から行ってきましたが…

いくら気になる製品があるからってさすがに俺くらいの歳の人間が行くと場違い感ありありだぜ!
なんつうか視線がががが!
嗚呼、「どうせ買えもしねえくせに」みたいな顔で見んといてください!確かに今すぐ高級機は買えませんけど!

ま、被害妄想的な主観が多分に含まれておりますが。

初日で開始時間が遅かったせいかそんなに人はいませんでしたね。
…人のあふれるオーディオ展示会ってのもなんか妙な気もしますけども。
ゆっくり聴けなかったのが残念。まぁ仕方ない。
[PR]
by CompoundBow | 2008-03-29 04:09 | オーディオ - 雑感など

春の祭り。

http://www.fujiya-avic.co.jp/d-style/spring_sale.html

ねーよ。(;´-ω-`)

これはねーよ…いくら客層が偏ってるからってこれはねーよ…。
商品がいくら安くても、このようなTOP絵じゃあ…。
ますますここで買う人間が選別されていきそうだ…。
まぁ、中野ブロードウェイという店舗の所在地を考えれば至極当然…か?本当にそうか?
ここでグダグダ書いていても仕方ないのだが、今回のセールはあまりにあまりだったもので(主に、というかTOP絵が)つい書いてしまったわけです。ハイ。


あと、Benchmark DAC1 PREの情報着ました。(本家サイトより)
DAC1、DAC1 USBとどこまで違うんだろう…。
[PR]
by CompoundBow | 2008-02-28 20:23 | オーディオ - 雑感など

私の所持するHD-1L Professionalは電源部分が弱いのか?

レポート終わったよ…あとは今日中に提出するだけ。(;´-ω-`)しかし眠い。

それはそうと、今回のお題。
レポート打っている最中に息抜きにとFoobar2000を起動し曲を聴こうとしたらば、
音がノイズまみれでとても聴けたもんじゃなかった。
ヘッドフォンを装着するときからずっとハムノイズが聞こえていたが、最近はもうこのノイズも「いつものこと」と割り切ってはいたのだが…さすがに聴けなくなるレベルというのは初めてである。

前にも同様の投稿をしたが、これは入力側のケーブルを全て取り外した状態でも聞こえ、となると電源経由でノイズがのっているか、電磁波干渉によって筐体内部に影響がでているか、となりそうだが、今のところ私は電源が原因と見ている。

というのも、私はマンションに住んでいるためその電源環境は相当ひどいと思われる。いくらコンセントや電源ケーブルをオーディオ用に変えたとはいえ供給される電気がノイズで汚染されていれば、それらの対策ではあまり効果がない。やはりクリーン電源装置を購入するしか解決の糸口はあるまい…そんな予算はどこにもないが…。

話は飛ぶが、私はHD-1L Proを所持するまでにPerreaux SXH-2、Lehmann audio BlackCubeLinearを購入していた。それぞれ次のアンプを買うために売却や下取りに出したため現在は所有していない。今のところHD-1L Proの音が総合的な面で気に入っているが、個人的には独特の雰囲気をもつLehmann audio BCLも手放すには惜しい機種ではあった。言い方が悪くなるが、HD-1L Proではどのヘッドフォンでも無難に、しかし良い音で鳴らす。対してBCLはとことんヘッドフォンを選ぶが、組み合わせがはまったときにはHD-1L Pro以上に良い音となる。この評価は曖昧な記憶によるもので、BCLを所持していない現状では具体的な比較とはならないし、してはならない。

話を戻そう。前述の、以前所持していた機種も、やはり電源ラインが原因と思われるノイズがあった。BCLはRCA接続の民生版であるが、内部はBCL Proと大差はないはずである。HD-1L Proは民生版であるHD-1L Limitedに、音質で定評のあるフィルムコンデンサー採用や前段アンプの増設(1→2)、電源部をRコアトランスからトロイダルコアに換装したもので、音質は向上している…はずである。(LimitedとProfessionalを聞き比べたことはない)
しかしながら後者の電源絡みと思われるノイズの酷さは前者の比ではない。ハムノイズが嫌なくらい明瞭に聞こえる。これは前者がノイズに対して甘く、後者がノイズに対して厳しいという見方もできなくもない。また前者から後者へと切り替えるときに我が家や周辺家庭の電源事情が悪化した可能性も考慮すべきであろう。

しかしながら当該機種でノイズの例が報告されてないところを見ると、私の環境が相当酷いものであるか、所持している個体に問題があるか、など、原因が絞られてくる。一度製造元のIntercityに点検をお願いするのも手だが、他にアンプを持っていない現状ではあまりやりたくはない。

それで、だ。
面倒になったので途中の推論をすっ飛ばして最後に言いたい事を書くと、こうなる。


来年度は他社アンプ増設と、光城精工のFairyか大奮発してAray購入だな。(´-ω-`)


…いや、夢みるくらいいいじゃないですか。(;´-ω-`)
[PR]
by CompoundBow | 2008-02-25 10:55 | オーディオ - 雑感など

ベンチマークDAC1がどんどんおかしな物になっていく件について。

DAC1のプリアンプ機能つきバージョンらしいです。
http://www.dac1pre.com/

DAC1 USBから更に派生、プリ機能つき。
USB機能つけたままさらにプリ機能つけるとは回路的にはどうなんだ。
無駄が多すぎる気もしますが…。
背面の画像を見ると入力が4以上。出力は今まで通りXLRとRCAの2系統。

フジヤエービックの営業Blogにもありましたがグレースデザインのm902を相当意識しているんではないか、というのは確かに思います。
温かみがないとかなんだかんだ言われながらも売れている(と思われる)機種ですし、二匹目のドジョウでも狙っているのか。

しかしプリ機能つき、ということは何かしらの音量調節回路を通るはずで、画像をみる限りだと評判のよろしくない内臓HPA-2のボリュームと連動しているんではなかろうか?一方、m902のボリュームは0.5dB単位で調節可能なアッテネータ…。
その辺りを考えるとm902の「プリ機能付きDAC」のパイにありつこうにも少々難しい気が…。
以前の仕様でもDAC1は背面のトグルスイッチをいじらない限りHPA-2連動のボリュームをパスできなかったので、単純にDAC1USBにPreの文字つけただけなんじゃないかと…。
ただプリとつけるからには普通は音量調節の部品なり回路なりが大きく改良されてる可能性が高いですし、あとは情報まちですかね…。

まぁ買えない人間があーだこーだ言っても仕方ないんですが、
私の親父に似たのか、新しい製品のカタログみるのが大好きな人間なものでして…。
[PR]
by CompoundBow | 2008-02-06 19:02 | オーディオ - 雑感など

フジヤでIntercity製品取り扱いとか今更知った…。

http://www.fujiya-avic.co.jp/d-style/headphoneamp.html
ええ、もう本当に今更な話ではあるんですが。
これでIntercity直販以外の選択肢ができたということですな。
代引き購入できるのはありがたい。
振込みの方が手続きは確実とはいえやっぱ面倒なものは面倒。
……ついでにIntercityのケーブルも取り扱ってもらえると有難いんですが…。


あと伝説のカブトムシ飼育箱がリファインされて帰ってきた。
http://www.musika.jp/product.htm
最上級機のhpa1000と、そのダウングレード版hpa200です。

さてこんどの中身はどんなものになっていることやら。
まぁ今度のがhpa100と同じく中身スカスカでも音さえよければいいんですが、中身の回路みてニヤニヤする人間には回路ぎっしりのほうがたまらんとです。
でもオッカムの剃刀のごとく、同じことができる…同じ音が出せるものならより単純な回路の方がいいっすね。数学でいうなれば「エレガントな」解法とでもいうか…。
(オッカムの剃刀はあくまで理論に対して用いられるもので、こういうのに当てはめるのは不適切ですが…)
[PR]
by CompoundBow | 2008-01-19 00:38 | オーディオ - 雑感など

あー、ようやく出たんだ…。

ネット巡回中に発見。既にご存知な方には今更なニュースですが。

iPSU-1
http://izo.co.jp/htm/iha1v2-intro.htm

izoのヘッドフォンアンプ、iHA-1のA~C型に対応した電源ユニットです。
このヘッドフォンアンプが出たのがいつ頃だろう…たしか去年の春頃だったかもっと前だったか…まぁとにかく今更、って感じの発売です。
正直この遅さはない。


iHA-1 V2
http://izo.co.jp/htm/iha1v2-intro.htm

iHA-1の後継機のようです。旧型は生産終了。…まぁ旧型のヘッドフォンアンプはあんまり良い評判聞きませんでしたし、東京行ったときにダイナミックオーディオで試聴しましたがはっきりいって音はよくありませんでしたが。好みに合わないとかそういうレベルじゃなかった気がします。

今度は別売りの電源ユニットと共に発売、果たしてその音は?評価は?
気になるところです。
過去にそのメーカーから地雷踏まされても新しい物がでると飛びついてしまうのは悪い癖でしょうかね…。
[PR]
by CompoundBow | 2008-01-15 05:32 | オーディオ - 雑感など

HD-1L Professionalにノイズがのりまくる…。

ずっと報告しておりませんでしたが、私の環境ではHD-1L Proにノイズがのりまくります。
他にそのような報告例などは聞いたことがないので私の環境か当該機器のいずれかに問題があるのかと思われます。

分かっているのはこの二点だけ。
●入力を取っ払って電力だけ入る状態にすると聞こえてくるので、入力側の問題ではない。
●同じアウトレットに挿しているノイズハーベスターのノイズ発生のランプ点滅に関係なくのる。

Proバージョンは入力段が2つに増えたほか、LimitedモデルのRコアからトロイダルコアへ換装したもので、そのトロイダルコアもおそらく強化電源だとは思うんですが、こいつが流れてくる電流に敏感でマンションの悪環境で生じたノイズを拾いやすくなっているのか、またはHD-1Lの電源装置自体に問題があるのか。もう一つ考えられるのはアンプの回路製造ミスでしょうけども…。
なんにせよ機器側に問題があるならインターシティに送らねばならないし、環境側ならば現状で我慢しなければならない。
まぁ、ノイズハーベスターのランプがすごい点滅を繰り返しているとき「ジー」という雑音を発生させているので環境の方に問題がある可能性が高いのですが。
一度ハーベスターはずしたほうがいいのかな…。
[PR]
by CompoundBow | 2007-11-30 19:04 | オーディオ - 雑感など


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧