カテゴリ:オーディオ - 雑感など( 52 )

限定再製造なんて言葉、初めて聴いた。

http://avic.livedoor.biz/archives/51164046.html

E9を「限定再製造」。
限定で「55台」もあります。
なくならないうちにお買い求めくださいませ。


Ultrasone製品愛好家としても、これはないわ…。(;´-ω-`)
E9は…欲しいかなと思ったりやっぱいらないよねとも思ったり。
PRO900では微妙に満足しきれてない部分が改善されてるなら欲しいけども、そういう物ではないし、第一PRO900の方が後発だし。

まぁ欲しいとか思っても買うお金ないんですけどね。
入社1年目で給与に差はないのに同僚らは貯金が100万以上あって、私は貯金なんぞほとんどなくて焦っている現状。
どう考えても本・音楽やPCやオーディオ機器にと色んなものに金使いすぎです。ありがとうございました。
[PR]
by CompoundBow | 2009-02-15 00:03 | オーディオ - 雑感など

DAC1 PREが壊れたようです。 (※と思ったら唐突に直りました)

壊れてないと信じたいが…
昨日、音の出力が一切できなくなった。
DAC1内臓のHPA-2ヘッドフォンアンプだと音が聞こえるので、ひょっとして2番目のジャックに挿したから音消えたのかなぁ…と思ったが最初からステレオプラグはささっておらず。
なら背面のボリュームセレクター(?)をMuteにしたせいか?と思ったがキャリブレーション(ジャンパーなどによる音量調節。前面ボリュームはパス)の位置のまま。
念のためヴァリアブル(前面のボリュームを通して音量調節可能)にしてみても変わらず、どうしたものかと悩み中。

…と悩んでいたが、DAC1側のボリュームを一度3時方向まであげてみたらしっかり聞こえるようになった。
キャリブレーションモードがまずいのか?原因がわからない。
考えられるのは以前筐体を空けてジャンパーを-30dB(工場出荷状態)から-20dBに変更したことがある。
さすがに-30dBのままだと音が小さすぎてアンプ側でボリュームをかなり上げないと聞こえなかったためである。
ちなみにDAC1のマニュアルを見ると「蓋開けて調整してもいいよ」と書いてあるが、開封した場合、代理店で保証を受けられるのか不明。
DAC1 PREを買う前にフジヤエービックの店員にそのことを電話で問い合わせたのだが、「代理店に連絡をとってみます」と言ったきりであった。
(その後、確認の電話を入れてない私もアレだが)
というわけで開封してもよいものかは不明。まぁ代理店のHOOK UPに問い合わせるのが一番早いとは思うが……。
(しかし、HOOK UPのHPをみると製品欄にDAC1 PREが見当たらないのだが…。
探し方がわるいのか取扱やめたのか…)


……これを書いている最中に試してみたら、キャリブレーションモードでも音が出るようになった。
試してみたことは、とりあえず取説にかいてあることと、ボリュームセレクターを弄る、セレクターをバリアブルにしボリュームを大きく右へ回す、またセレクターを弄る…以上。
たまたま機器が不安定だったのか?いったいなんだったんだろう…?


●余談
画面が24インチになったら一行に表示できる文字がやたら多くなったので改行の場所がわかりづらい。
前は19インチのディスプレイと、ブログスキンによって異なる文字表示数考えながら改行していたのでアホみたく伸ばしてしまう。
日本語としてしっかり読めればそれでいいと思うけども、なるべく他の方が読んでも読みやすいようにしたいとは一応考えている。
まぁ、そのまえに「ここの投稿は日本語として読める文か?」と言われれば黙るしかない。
ただでさえ拙い言葉なのに校正してないときなどもう何言っているのか分からない状態だったりする。…今もそうか。(´-ω-`)
[PR]
by CompoundBow | 2009-02-09 23:31 | オーディオ - 雑感など

Ultrason Edition8 発売決定

今更なに?といわれても、今更気が付いたので仕方がない。(;´-ω-`)という言い訳。

フジヤエービックの営業Blogより。
●Edition8の告知
http://avic.livedoor.biz/archives/51122984.html
●タイムロード社長とUltrasone社CEOが登場。
http://avic.livedoor.biz/archives/51126133.html

うん、Edition8ね。
新型登場の情報があったから「Edition9の次世代機が出たら無理にでも…」と思っていたが、ポータブルを主眼に開発されていたと知って絶望。
…13万出してポータブル用途に使う意味がいまいち分からない…といいますか…。
カタチは前々の機種から比べれば垢抜けたいい感じかと思います。外で使うには悪くないかもしれない…が、いかんせん高すぎる。屋内よりも傷かつく機会の多い屋外でオーバーヘッド方のポータブルヘッドホンを使う勇気なんてありませんぜ…。
音の好みさえ合うならば(そして金があり高価格帯ポータブル用機種を買う気があるのなら)Ultimate Ear PRO10を選びそうだ。ただ中間クラスの機種でひび割れなどが報告されているのでPRO10の方も本当に大丈夫なのかという気持ちがありますが…一応有名アーティストのライブで使われているものだし大丈夫…かな。

個人的には、Edition8 SEとか題してヘッドバンド部フレームの肉厚化、両出しコードを3mにしたシングルエンド仕様を望むのですが…。
シングルエンドの3mコードはMoon Audioがすぐにやりそうだけど、フレームの肉厚化はさすがに無理であろう。
まぁ、今後も期待です。


さて。
ラインランダー購入を考える作業に戻るか。
なんか名前が格好いいよね。
Rhine Lander…スコットランドハイランダーみたいな響きがあるけど妄想のしすぎかな。
[PR]
by CompoundBow | 2008-11-23 09:53 | オーディオ - 雑感など

まだ…ノイズが…止まらない…

その音量自体は低くなったもののHD-1L PEのノイズがとまらない…
配置上、アンプがPCと液晶に囲まれてる状況から変えれないのでとりあえず筐体のノイズ耐性を上げるべく、
接続しているケーブルや筐体にトライガードという怪しげなものを貼り付けて見た。
…いや、私とて半信半疑だったんですがね。これ使うのは。
どうみても怪しさ満点ですから。でも藁にもすがる思いで導入。
しかし、トライガードは音にとんでもない変化を及ぼした!!


…すげえ音が悪くなってやんの。

なぜだろう。この手のものって効果がない、ってなら分かるけどあからさまに音が悪くなってるのはある意味すごい…。
トライガードを検索してみたが、「効果あり」「効果感じられず」の2種類くらいしか見つけられなかったが、
「音が悪くなった」なんて書いてるのは私くらいなものか…。
ちゃんと説明書通りに作ったんですがね…それとも、アホなミスの多い私のことだから作り方間違えたかな。

そういや、某所のクリーン電源を借りたときはノイズがさっぱり消えたような…。
結局電源なのかい…ついこの間まで自作ノイズフィルターでノイズ消えた!と大喜びしてたんすがね…。
とりあえず仮の導線をシールドされているものに換装するか。今現在は金ないけど。



ああ、早く電源装置を作れるように成長してえ…。
職場で電源作ってるのに他社の電源買うっていうのもなぁ。
いや、産業用電源なんで使用VAの差が桁違いなんでそりゃ仕方ない気もするが…。
でも自分用に作れるように成長したいのです。マジに実現するのはいつになるかわからんけど。
それまでは…やっぱ民間のを買うしかないのかねぇ…。
[PR]
by CompoundBow | 2008-09-24 07:36 | オーディオ - 雑感など

やっこさんを注文した。

今まであーだこーだ言ってたブツを注文。
詳細は明日。

…しかし高いなぁ。
原価ぎりぎりでの販売らしいので値下げ交渉はできそうにない(元々するつもりはないですがね…)K242HDを下取りに出すのを忘れていた。まぁ手続とか入手できる日がやたら長くなるし、ひょっとしたらK242HDに日の当たることになるかもしれないし、まぁいいか。
[PR]
by CompoundBow | 2008-07-27 12:03 | オーディオ - 雑感など

AKG K242HDの行方

3.4Kだして買ったAKG K242HDだが、売り払おうかと思う。なんか全く出番ないし。
こないだ新型DJ1PROが着たのでますます出番がなくなっているK242HD。
(まぁ、それでもPROline750を一番使ってる&気に入っているんですが)
やっぱね、もこもこ音がいかんと思うのだ。
半開放型とは思えないくらい篭るし。
S-Logicがあるとはいえ、密閉型のPROline750やDJ1PROのほうが聴感上すっきりしてる。
なんかK240シリーズじゃあホームオーディオ用よりモニター用のK240 mk2のほうが良いとか良くないとか聴いたんですが、実際どうなんですかね。
貯金分と合わせてDAC1USBかPREの足しにしよう。
裏を行って某店の展示処分特価のELGO AMT行ってみるか?(笑)

…ところで。
K242HD以上に出番のないALESSANDRO MS-2i、こいつもどうしよう…。
ケーブルは断線しそうだわ、耳の位置にユニットがくるように調整しても耳からずるずるとずれるわ、すぐに壊れそうなのが一番の欠点。
でも傷付きまくってるしそもそも売り先がないんだなこれが…。
でもまぁ音は刺激的だし気に入っているところはあるんだ、けどどうも聴き疲れがひどいんで長時間の使用は無理…。
やっぱり私には長時間聴いていられるUltrasoneのヘッドフォンが一番合うのかな。


○余談
前述の某店でNu Force iConが売り切れていた。現在予約受付中だが結構な数を予約されているんで店側としても驚いているらしい。
店としても試しに能率の低いスピーカーの駆動テストをしてみたところ、なんなく駆動できたとか。(なんのスピーカーを駆動させたのかしっかり追及しとくべきだった。物によっては無理だったらしいのだがなんかイマイチはっきりしない)
音の傾向としては、さっぱりシャキっとしててロックやポップを聴く人には向いているかも、とのこと。さすがにクラシックなどには向かないけども、「デジタルアンプも侮れなくなってきたなぁ…」と店の人は言った。低能率のスピーカーをそこそこ鳴らせたことや値段のから考えてもお得なんだとさ。
…まぁ、私が買うかどうかはしりませんが。(´-ω-`)
[PR]
by CompoundBow | 2008-07-19 15:04 | オーディオ - 雑感など

まだまだ動かぬ…

まともな電子工作用の工具を買い揃えていたら会社で使用しているものと同じものになってしまった。高いのなんの。
とりあえず完成した…と思ったらRCAジャックから伸びるケーブルが駄目になったようだ。線材の先端から途中までがボロボロになっている。音量を最大まで上げてもかろうじて聞き取れるくらいの状態。
音声信号の入るスルーホールへハンダ付けを繰り返しをしていたのがまずかったようだ。L字のコネクタとケーブル先端にプラグをつけてケーブル付け直しに無理が起こらないようにするべきか。
買ってきた東京コスモスの2連ボリュームも現在ついているボリュームとちがって基盤上には取り付けられないので、ボリュームはフロントパネルの穴を大きくしてそこに取り付け、こちらもボリュームのついていた位置にコネクタ取り付けるか。
アホみたいに買ったニチコンのオーディオグレードのMUSEコンデンサーが大きすぎて入りません。というか実装されているコンデンサが全体的に小さすぎる。特に耐圧、容量のどちらかに対してそのサイズはねぇよ、って感じに小さい。しかもそれらの大半が検索をかけてもヒットせぬメーカー。ルビコンのはまぁ一応信頼できるが他のは…。
なんだかもったいない気がするのでこいつに無理に実装するのは止めた。
しかし…オーディオグレードのコンデンサーってなにが良いのだろう。
特性みても他の製品と比べてずばぬけたところがあるわけでもなく…。(よく見たら割かし良かった)でもサウンドボードに実装してみたら確かに良い感じになってる。うーむ、わからん。
ちなみにサウンドボードにもMUSEコンもといKZシリーズはでかくて実装できないのでそのワンランク下の"Fine Gold"FGシリーズをつけている。

とりあえず改造が1段落したら自分で回路組んでみるかな。
最初はユニバーサルで組んで、出来がよかったら感光式基盤とか色々試してみたい。


ちなみに買った工具類のなかで一番高かったのがハンダそのもの。
日本アルミットのLFM-14。
wikiで鉛フリーハンダのところをみると色んな問題がありますな…。
スルーホール破壊はなんどやったかわからない…。
鉛フリーはいいんですが鉛を使わないことによる負の要素をどうやって排除していくんだろう。
RoHS指令など環境対策を講じるのはいいが、無理難題ばかりつきつけてはメーカーもユーザーも困るだけ。
正直いって鉛入りでも安いし信頼性のあるKR-19買おうかと本気で悩んだ。
だが、しばらくは鉛入りハンダでもつかえてもどうせ数年経てば全面禁止になりそうだし。

ハンダやRoHSの話がクラスター爆弾禁止条約の話と似ていると思ったのは私だけか。
クラスターによる二次災害はある、しかしながらクラスターの費用対効果は考えられてないようで。各国の防衛部門の人間が頭抱えてそうだ。
性質がクラスターに似ているMLRSも禁止だったかな。
自衛隊はMLRSの導入を本格化して火砲を無くすという方針だったのにこんなの途中で採択されたら防衛省も頭抱えてそうだ。どうするんかねぇ…今後。
[PR]
by CompoundBow | 2008-06-01 21:01 | オーディオ - 雑感など

Little Dot IIを分解改造してみたはいいですが心が折れそうです。

Little Dot IIは中国のHPアンプメーカー、little-tube.comの製品です。
中の部品が酷かったり芋ハンダだったりと色々聞いていたのでんじゃあ私もちょいと中触ってみるか…と思い手をつけはじめたのですが…。

予想以上に酷かった。

一般の製品にも実装する部品が表記してあるシルクと実際に載せてある部品が合ってないのはたまに見受けられるミスではありますが、こやつの場合だとそれが何箇所も合ってない。シルクが間違っているのか、それともそのまま部品が間違っているのか。一体どっちなのか分からなさすぎます。
仕方ないのでシルクに従って部品を実装中…。

げ、基盤自立型のコンデンサがサイズ合わねえ…。
ルビコンの250V/330μFのコンデンサが3つ並列に繋がっているのですが、他のメーカー品に取り換えようとしたところ物理的に干渉して取り付けられません。(;´-ω-`)
ニチコンや二ッケミのサイトで特性の良さそうなものを探して確保したはいいがサイズを考慮してないとか浅はかすぎました…。ルビコンのは取り外す必要なかったなこりゃ…。

あと基盤を筐体から外す際、トランスの近く…というか筐体上部にねじ止めされていたST 7805Cの3端子レギュレータ×3が取り外せず、悪戦苦闘の末、基盤から突き出た脚だけニッパーで切り取り、残りはマイナスドライバーとウレタンハンマーで強引に破壊…。自分は本当にハンダごての扱い方が下手です。そして周辺の部品に小手先がふれまくって溶けだすコンデンサ多数。従って付いていたものに代替できる部品と換装。今は村田の積層セラミックとST 7805の互換品として東芝のシリコンシート不要な三端子レギュレータがとりつけてあります。

あとは耐圧250Vの部品が並んでいて熱も酷そうなラインがあるのですが、そこに温度に弱いスチロールコンデンサがついているのだが…これだけ耐熱部品がたくさん使われている中でスチコンはないよな…私が他のコンデンサと間違えているだけかな…?(スチコンじゃなくておそらくメタライズポリフィルムコンデンサ…)
あとメーカー不詳のCAN型ダイオードブリッジが見事に斜めになって取り付けられてます。今のところ外す予定はないですが、なんとなく気になったり…。

まぁ全体的にいえることなんですが、メーカーの怪しい部品が多すぎる。
各種コンデンサとボリュームだけはマジに変えないと精神衛生上よろしくないです。

あと半田ごてが壊れてきたのか、内部センサーで温度調整されてるはずなのに異常発熱してたり、買ってきた半田ごてスタンドを実際に使ってみると粗悪すぎてどうしようもなかったりと散々です。道具一式をまた揃えねば…。

まぁ…今回のは部品の選別と、選別した部品によって実際に動くかどうかを試す勉強なのでいいですが、勉強でもやっぱ金かかるなぁ…と思ったり。一番金がかかるのが工具というのはお約束なのか。
ただ良い音が欲しいのならこんな古いHPアンプを弄繰り回すより新しいの買ったほうがてっとり早いですハイ。
で、そのてっとり早くいい音を手に入れる手段としてLittle Dot Mk.IV SEが気になっている私がいる。(;´-ω-`)
内部の写真見た限りじゃそんなに悪そうじゃない。シンプルイズベストといった感じ。
Little Dot IIは…どう考えてもごてごてしすぎです…。
[PR]
by CompoundBow | 2008-05-31 09:40 | オーディオ - 雑感など

あひるワン

…もとい、DAC1。
インフラノイズじゃないほう。型番違うのでわかるとは思うけども…。
欲しいナァ…。
DAC1 PREも気になるがアレはちょいと高すぎだ。
単体DAC以外にPRE機能持たせているのは結構気になるがどの程度のものか分からないので。
載ってなさそうな気もするけど季刊オーディオアクセサリーでも立ち読みしてみるか…。
まぁどこの雑誌も基本的にどこかの広告を載せている以上、下手なこと書けないんでどうしても行灯記事になってしまう。仕方ないといえば仕方ない。…ってかPRE版の情報は載っているのだろうか。

●余談
[PR]
by CompoundBow | 2008-05-19 22:26 | オーディオ - 雑感など

ポータブルプレイヤーから繋げるのがメインらしいんですが

以前、オーディオフェスタin名古屋に行ったときに知ったヘッドフォンアンプ

Pro-Ject HEADBOX SE II
http://www.sumikoaudio.net/project/products/headbox_se2.htm


HEADBOXの改造なら探すと出てくるがこいつは出てこない。
HEABOX SE IIは無印のアップグレードモデルと題されてるだけあって回路設計もだいぶ異なるのかな。
しかし輸入総代理店がNASPECのはずなのにHPに一切記載されてないのは何故だろう。
手元にあるパンフレットには発売日・5月1日(予定)とあるものの、もう予定日を過ぎているのにも関わらずHPに情報開示してないってことはまだまだ先ってことなんでしょうかね。

話は少し変わるけどもこの会社のアナログプレイヤーのデザインや造りは面白い。
アナログプレイヤーにUSB端子…ってPCに取り込むんだろうか。
[PR]
by CompoundBow | 2008-05-04 22:36 | オーディオ - 雑感など


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧