カテゴリ:漫画・小説・アニメ・映画など( 66 )

[アニメ版]ゼロの使い魔 全話鑑賞

そこそこ楽しめましたな。釘宮ボイス炸裂。
調馬用の鞭は痛いよアリャ…(いや、あれで叩かれたことはないけどさ…)

以上、感想終了。



…まぁそれじゃあ適当すぎるので、もう少し突っ込んで書いておくと。
ストーリー途中、突然M72 LAWが出てきたり、いきなりそれを使いこなせたりする主人公にわけがわからんかったのですが、なるほど、最後まで見終えると一定のつながりがあると。まぁそこそこに納得。
…やっぱこれ以上の感想が出てこない('A`)
そこそこ楽しめたことは楽しめたんだが、なんつーか軽い気持ちで観れるお手軽アニメといった感じでしょうかね…。作中の伏線やらキャラクターの心情などを読み取る楽しみはほとんど無い。

小説本編のほうはもっと突っ込んだ内容のようなのでそちらを読んだほうがいいのかな。まぁ仮に小説本編を読むとなると、ラノベを読むのは本当に久々になるか…スレイヤーズ以来だ。(それ以降は全く読んでない)

第二期も今夏からやるようなのでマターリ待とう。


本編に関する余談。
零戦はホント弾切れるのが早いよね。(´・ω・`)自慢は運動性能と航続距離くらいか。
[PR]
by CompoundBow | 2007-05-14 13:09 | 漫画・小説・アニメ・映画など

らき☆すた 監督降板…まじかよ…

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/965636.html

原作・アニメともにあの雰囲気が好きな私はどうしろと…
そしてフルメタルパニックがめちゃくちゃ嫌いな私は今後どうしろと…

アニメ版らき☆すたの中身はパロネタ満載で、それがスポンサーやら同業者たらの顰蹙をかった可能性は非常に高いが、それだと今度やる「さよなら絶望先生」はどうなるんだろう。
あっちのほうがきわどいネタ満載なわけだが…とくに時事ネタとか。

とりあえず今は静観しておこう。
しかし…この発表はいくらなんでもないだろう…常識的に考えて。
[PR]
by CompoundBow | 2007-04-30 04:12 | 漫画・小説・アニメ・映画など

ローゼンメイデンを全話消化

ローゼンメイデン、ローゼンメイデン・トロイメント、ローゼンメイデン・オーベルテューレをすべて消化。

まず一言いわせてくれ。


やっぱり、水銀燈だよな!(壊)

ローゼンに作りかけのまま放置されたとはいえローゼンの作品に違わないわけで、それを「不完全だから」と他の人形と一緒くたにする真紅にはマジ嫌な気分を持った。(オーベルテューレより)
「ローゼンメイデン」ではどんな手段を使ってでも真紅をジャンクにし、他のドールも同じ末路を辿らせた上でお父様ことローゼンに会いたがっている水銀燈だが、「ローゼンメイデン・トロイメント」では自らを「ジャンク」と呼ぶミーディアムを常に気にかけていたり、挙句アリスに至るためのローザミスティカ集めをミーディアムのためにしてしまっている。第一期のやり方こそアレだったが、祈願成就のためとった行動はどのドールと比べても一番純真とも思える。憎みきれない存在。そこがいい。

さてさて、オーベルテューレというある意味中途半端な過去回想を前後編でつくってしまったわけだが、これ以降の続きはあるのだろうか。トロイメントでアリスゲームの決着はついたし、あとは「アリス」への昇華が話の焦点になっていきそうだが…正直なんかこれ以上続編は描けないと思うんだが…無理矢理続けても仕方あるまいし。しかしそうなるとますますオーベルテューレの立場がアヤフヤになってくるわけで…。
原作のほうは作者が幻冬舎やコミックバーズに相当不信感抱いてるし、いつ離れるか分からん状況で…続編作って欲しい気はあるんだがそこらへんの事情考えると相当難しいと思うな…。
まぁ気長に待ってみるか。あれで終わり、としか思えないリリカルなのはですらまた続編を放送するしな。人気あるなら希望はまだあるか…な。

余談だがトロイメントのEDムービーで水晶が世界を破壊したあと薔薇の花びらが水晶の現れた方向へ逆流するシーン、あれなんど見ても核爆発をイメージしたようにしか見えないんだが…
ゼログラウンドから爆風と衝撃波→ゼログラウンドの気圧が急激に下がったため大気が逆流
って感じで。まぁあんな綺麗な映像にはならんけどね、現実の核爆発は…。


・追記
ありがちな話かもしれないが、水銀灯じゃなくて"水銀燈"だった。思いっきり覚え間違い…orz(現在、当該箇所は修正されております)
[PR]
by CompoundBow | 2007-02-12 03:25 | 漫画・小説・アニメ・映画など

一部の人にしか分からないだろうが、これはないわwwww

ネタを知ったのはニコニコ動画からだけど、張るのはリンク元からにしときます…あっちはコメント書きまくりだからなぁ…。

※ちょっと内容がアレすぎるんで、まぁ耐性なり免疫のある方だけ先に進んでくだされ。

過去にカウントダウンTVにランクインしたアニソン・ゲームソング(またはそれ絡み)のランキング編集
[PR]
by CompoundBow | 2007-02-06 19:34 | 漫画・小説・アニメ・映画など

気がついたら一週間。今夜はコードギアス14話放送。

新OPの「解読不能」が作品に合ってないとジン叩かれまくってボーカルの方がぶち切れられてます。てか同じエキサイトにblog持ってたんすね…。

そんな流れの中「合わないならかってに新OP作ってしまおう!」という動きでもあるのか、YouTubeに新OPのMADムービーが大量にUPされてます。そんな中で一番の傑作。↓

http://www.youtube.com/watch?v=CC5o9IL8rUg
誰ですかこれ作ったのwめちゃくちゃなテンポの歌と映像がマッチしすぎなんですがw

ちなみに私はMADムービーの見すぎの反動か、「なんか今のOPの方が一番落ち着く…」って状態になっております。功罪?功罪?

追記
http://www.youtube.com/watch?v=LtBF3a3WoCM&mode=related&search=
作品知っていることが前提の内容だけれども、これも良いw
[PR]
by CompoundBow | 2007-01-18 15:18 | 漫画・小説・アニメ・映画など

実にまさに確かに、解読不能です。w

コードギアス13話から新しいOPキター!



………


意味わかんねえええええええ!!!!


OP歌っているのは「Blood+」 OP第4番目で悪名高いジンというグループ。
何故悪名高いのか。それはこれ聞きゃ(見りゃ)わかる。いやもう「おまえは一体何をいっているんだ」状態で、とにかく歌詞がわけがわからん。w ようつべのコメント欄で外国人にすら "Japanese must speak Japanese,please."と言われている始末。海外でも評判悪いようです。w

ただ一応言っておくと、俺としてはギアス新OP曲のメロディラインだけは好きなんですよね。ボーカルは何言ってるか分からんというのは散々書いたけど、出だしの歪ませたギターの音やドラムの具合はかなりよろしい。でもやっぱり、コードギアスには合わないメロディだとは思う…。
あとそれとOPに苦言を呈するなら使いまわし画像についても触れねば。OP変えるなら全体をゴロっと変えてください。新しいカットをちょいと入れただけのMADムービーと大差ねえっす。
あとランスロットが飛行ユニット付けて飛びやがった……。おまえは種ガンにでもなるつもりか…。

以降、作中ネタバレ含
[PR]
by CompoundBow | 2007-01-15 16:14 | 漫画・小説・アニメ・映画など

攻殻機動隊SAC Solid State Societyがようやく届いた。

攻殻SAC Solid State Society見終えたぽ。
画の動きがあり得ねえぜもはや変態的だぜさすがIG!
話は初代と比べるとさほど難解ではないが何度も見るに値する。

それにしても成長したトグサの娘は可愛すぎです。
6歳児です。可愛い盛りです。
結婚できたら(その前に彼女できたら 泣)ああいう娘を育てるんだ。
なに、現実の娘はあんなんじゃないだと?既に7歳下の妹の面倒見る上で相当痛い目に遭っているから重々承知じゃ!
(壊れ気味)
[PR]
by CompoundBow | 2006-12-22 16:54 | 漫画・小説・アニメ・映画など

コードギアスw

溜めていた放送分をすべて消化。
主人公の黄金バットコスプレやガッチャマンもどき、ジェレミアへのオレンジ連呼に相当笑わされたw

なんつうか現実でエセ愛国主義謳っている連中を作中で独立運動者として出してきたり、帝国主義帝国主義と煩い(神聖ブリタニア帝国からの脱却といいつつ同じことやってる主人公が一番っぽい)し、ディレクターが「日本はこんなことをしたんだ!」(当人から言わせれば「アメリカはこんなことをしているんだ!」という政治主張を込めているらしいが)と言わんばっかりの方向性で作っているのが非常に気に食わないのであるが、割と楽しんでいる。使いまわしシーンのある回があって種ガンを思いだしたが。
…そういや思い返してみれば、最初の頃は種ガンを割と真面目に楽しんでたんだよな。同じパターンかな。ネタをネタとして観れないのは(以下略

しかしながら「壁際で住民射殺」等の非戦闘員の殺戮現場をぼかし表現なしにはっきりと描いていたりするのは放送コード超えている気がして、ある意味で凄い。戦闘シーンも気に入っているし。…だからこそシーンの使いまわしをされると腹が立つのであるが。


それにしても若本、皇帝役をノリノリで演じているがやりすぎであるw
「皇帝」という立場以上の演技力。あれくらいじゃないと臣民はついてこないのであろうか。
ま、若本ボイスならホイホイついていくが。w
[PR]
by compoundbow | 2006-12-04 20:17 | 漫画・小説・アニメ・映画など

虚淵は俺を殺す気らしい。

Fate/Zero
http://www.fate-zero.com/

TYPE MOON+ニトロプラス コラボレーション小説
著:虚淵玄  作画:TYPE MOON


正直今回のコミケ行きどうしようかなぁ…と思っていたんだけど、

これは是が非でも12月末の寒風に曝される企業ブースで並べってことか。

TYPE MOONのお約束、「想定を遥かに上回る需要ですぐに完売。長蛇の列からブーイング」の予感。
正直言うとバイト代の貯金したかったんだが…(´・ω・`)それでも行くしかあるまい。
[PR]
by CompoundBow | 2006-11-23 12:52 | 漫画・小説・アニメ・映画など

ラストサムライの裏でこんなアホ映画が作られておったようです。

「サウラビ」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/05/24/20010524000012.html


日本の歴史文化にとどまらず、最近では中国の漢字・漢方の起源、孔子の出身国までも韓国起源と言い始めた。
通常、ある国の人間が多文化に触れたとき、驚嘆や畏敬、侮蔑など様々な感情が起こるものだが、それはそれの国・民族のものとして受け入れられる。形を変えて伝播することはあれども。
それなのにどうしてこのお馬鹿な国はそこまで自国起源を叫びたがるんだ。
彼らの脳みその中身が理解できん。

ちなみに映画の中身は未確認。正直見たくも無いし興味も無い。
[PR]
by CompoundBow | 2006-11-18 11:07 | 漫画・小説・アニメ・映画など


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧