カテゴリ:漫画・小説・アニメ・映画など( 66 )

…さすがに皆、冷静になったほうがいいんじゃないかね…。

本当はもっと早く書こうと思ったけどなんとなくほかっといたら事態はより悪化の一途へ…。
いや別に私が書いたからどうなるわけでもないし、第一私が書いても説得力に欠けるんですけど。

アニメ版「けいおん!」を観ていると出てくる楽器が実在のメーカーばかり。
メーカーロゴがそのまんま出てきたかは忘れましたが、普通にヤマハとかKORGが出てきて吹いた。
しかし…。
メインキャラの澪のギター、なにやら馬鹿売れらしいですね。
左利き用なのに大勢の右利きの人が買っているとかなんとか。
メーカーの人もドン引きかなぁ…とか思ってたら、存外、メーカーのBlogにてけいおん!効果がすごくて良いみたいな感じなことを書いている。
まぁ私は、「作り手の魂はどうした!?」とか、「売れればいいのか!?」とか、そういう職人崇拝からくる怒りみたいなものをメーカーにぶつけたりはしませんが…。


AKGのヘッドフォンがね、出てきたんですよ。
澪がかけてたからって馬鹿売れらしいです。
しかしですよ、よりによってK701ですよ?
AKGのフラグシップヘッドフォンじゃないっすか…。
アニメ見て買った方々、本当にノリだけで買ってるんですねぇ…。節操ないなぁ。(節操云々は私が言って良い言葉ではない)

もうあれだ、こういうパターンを止めさせるにはとことん癖のある機種を持ってきて懲りさせるしかない。
(…まぁたぶん懲りないだろうけど)
もし次回、主要キャラの一人がまた何か実在の機器を使うシーンがあるのなら、
ヘッドフォンではERGOのA.M.T.を推したい。
国内通販では買えないし入手は困難。かつ装着すると糞重い。これなら少しは反省するんじゃなかろうか。




…え?
その前に女の子があんな重たくて不恰好なものを被るはずがないって?
いやいや、そこはこだわりでなんとかしてくださいよ…。
あー、なんだか自分でも何言いたいのかわかんなくなってきた。

余談。
睡眠時間3時間の日が1週間経過、まだ続行中。やりたくてやってるわけじゃないけど何故かいつもこうなる。
たぶんもうそろそろ死ぬ。(´-ω-`)
[PR]
by CompoundBow | 2009-05-12 00:42 | 漫画・小説・アニメ・映画など

新番組、色々やってますね。

Phantom ~Requiem for the Phantom~は、真下臭が強すぎる。この監督のガンアクション物は本当にワンパターンに思える。間のもたせ方とかさ。(といってもNOIR以降しか知らないんだが)
あとアインをNOIRの夕叢霧香と同じ動かし方させてないかな…。
いや、PhantomとNOIRは出た当初から類似性がありすぎるとかなんとか言われていたようだけど…月日が経ってPhantomの2度目のアニメ化(1回目は黒歴史)された今でも動きがだいぶ被って見える。
虚淵作品大好き(たぶんおそらくメイビー)な黒田洋介も脚本で参加しているが、どうなることやら。


爆笑した作品としてはクイーンズブレイドがあるが、あれは本当に酷い。w
裸体ばっかだ。しかも裸体を曝け出すための演出が酷すぎる。溶解液の癖に衣服だけ溶けるとか何なんだw
なんつうか自主規制なくすとここまでやれるものなのかと大笑いしながら見てます。
ちなみに地上波だと光源の変更などでぼやかすなど規制かけてるそうですがそちらは知りません。( ´-ω-`)

少々笑いのベクトルは違うが、他に大笑いしたものとしては戦国BASARAが。
こいつは相当な馬鹿話なのに異常なほど力が注がれて品質高め。Production I.G.ご乱心。
だがそれがいい。

けいおん!が人気高いのは京アニ製作だからかな?なんかニコニコ動画にけいおん!のMADが溢れ返っていたが…
カスタネットをひたすら流すものもあったが元はどんなシーンなんだか…。


余談。
ヘルシングだったか進め!!聖学電脳研究部だったか忘れたが、平野耕太が「クロノアとカテ公が一緒の声優と知って嘆いた」云々と何かに書いてあったことを最近思い出し、声優を調べてみると…。
…カテジナさんの中の人はぼのぼのとケロロ軍曹の声も当てていたのですね…。カテジナさんはあの狂いっぷりがまた好きですが、中の人がぼのぼのの声を当てていると知った瞬間、何か大事なものが壊れていった気がする…。
あの平野耕太が凹んだくらいだからどれほどの破壊力なのだろう、と思っていたが…これは十二分に破壊力あるなぁ…。
[PR]
by CompoundBow | 2009-04-14 01:12 | 漫画・小説・アニメ・映画など

唐突にアニメ会社雑感(ちょっとだけ)

中二病患者に大人気の「とある魔術の禁書目録」。私も中二病患者なので大好きです。
しかしまぁ…アニメ版は…
JC STAFFの原作ブレイカーの威力には毎度のことながら恐れ入る。( ´-ω-`)
番組の尺の問題なのかもしれないが、あの端折りすぎはやりすぎなり。
原画も1話目の勢いがどんどんなくなってきて…、最近は…。
まぁ、あそこがまともな作品作ったの数えるくらいしかないけど…。
「本気を出しただと!?」と驚いたのがROD THE TVくらい。後半グダグダだったけど。
あ、あずまんが大王もJC STAFFだったのか。知らんかった。
あと観てないけどハチミツとクローバーは人気なようで。

GONZOも同じく性質が悪い。
記憶の範囲内でよかったと思えるのはNHKへようこそ!とブラスレイターか。
ブラスレイターは最後、「え、なに?みんな救済されちゃうってことですか?」と唖然としましたが。
たまに良作として名前の出るヴァンドレッドも個人的には2nd最終話近辺が大嫌いですかね。
「友達大事」とその一言で終わらすんかい、と当時憤慨したのはよく覚えております。
そういや砂ぼうずもここだったか。
なんか観てない・観逃した作品に限って良作が埋もれているという、至極個人的な理由からするとヤな会社。

……え、マッドハウス…?
明らかに力入れてるのと手抜きのと分かり易すぎるのがなんとも…。
[PR]
by CompoundBow | 2009-02-22 20:47 | 漫画・小説・アニメ・映画など

-24- 第1シーズン視聴完了

ずっと前に購入していた24のトリロジーボックス(1~3シーズン収録)をいい加減観た。
第1シーズンは最初ダラダラ、最後はえぐい結末であったが、まぁいいんではなかろうか。
しかし最後の最後であの人物が関与していたってのは腑に落ちない。
なんか適当に付け加えたって感じが、ね。
結構好きなキャラだったのでそこがひっかかっているのかもしれない。

しかしまぁ元特殊部隊員って設定の話多いですな。
所属が軍か市・州警察かFBIかCIAかNSAか、色々違いはありますが、それでもあれで元特殊部隊員といわれても……まぁドラマだし仕方ないけど演技指導は何してたんだか。
拳銃2挺もって乱射しながら突撃とか、部屋をクリアリングせずにドアのど真ん中に出たりとか。
アンディマクナブの小説の方がよほど本物に近そうだ。出身が出身だけに当然なのかもしれないけど。
まー、彼の小説をドラマ化しようものならとてつもなくダラダラな話になりそうだけども。
防備としてはあまりにも心許なかろうともソファを最低限の防備としながらその先にいるかどうかもわからない敵相手に、ゆっくりゆっくりカッティングパイをしながら部屋をクリアリングしたり。
「ファイアーウォール」では雪原を延々と歩き続けたり、「クライシスフォア」では延々と警察犬に追われながら森の中を突破したりとか。
ドラマとして使いやすそうなのは「リモートコントロール」と「解放の日」くらいかな?
義理の娘のために使い捨ての工作員として孤独な戦いを続けるニック・ストーンおじさん。
それでも散々な目に遭うのは毎度のことながら、結果的に世界救っちゃったりする。
与えられた無理難題(ミッション)は結局そういうものであるということか。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A2%A5%F3%A5%C7%A5%A3%A1%A6%A5%DE%A5%AF%A5%CA%A5%D6
知らなかったけどマクナブさんは映画「ヒート」の市街戦場面の武術指導してたんですね。
[PR]
by CompoundBow | 2009-01-12 18:55 | 漫画・小説・アニメ・映画など

中華連邦中枢部におけるロリ強奪紛争

という題目がピッタリなコードギアスR2 第9話。

・自分より10くらい歳下の弟、シュナイゼルの為すがままになっている情けないオデュッセウス第一皇子、しかも10代になっているかすら怪しい天子とマジに婚姻を結ぼうとしていやがる。
・過去に命を助けてもらったことから天子にその命を掛けると近い、婚姻の場で乱入、同時に中枢部制圧をするシンクー一味
・シンクーのクーデターに乗じて天子を誘拐しようとするヘタレルルーシュ。

このロリコン3人による中華連邦の大騒動から目が離せないッ!!

………じゃなくて、目も当てられない…。(;´-ω-`)

ちなみに私は、緑川が声を当てているシンクーが、リトバスの恭介(21)にしか見えなかった件。
いや、私はリトバスやったことないんですけど、リトバスMADの見過ぎで恭介=(21)が定着して頭から離れない。原作ではもっと格好良いらしいんですけどね…。とりあえずキャラ追加されるリトバスEx発売までプレイできない。


そういやガンソード全部見終えましたが、確かに面白かった。
同じ監督作品といえどコードギアスとはベクトルが違うし一概に言えるものではないものの、やっぱ作りこみというか完成度はこちらのほうがはるかに高いなぁ…。
[PR]
by CompoundBow | 2008-06-09 22:56 | 漫画・小説・アニメ・映画など

きょうのこーどぎあすあーるつー

なんというご都合主義的ないいタイミングにラクシャータが来たもんだ…
紅蓮弐式飛翔式という、「式」を二つもつけてややこしい名称になった紅蓮に素敵な装備が。
ビット式のゲフィオンディスターバーとかハドロン砲もどきの輻射波動とかエグイものになってやがる。

それにしても飛行ユニットを潜水艦のミサイルサイロからランチし、かつ換装用の腕までミサイルで飛ばして空中ドッキングとかの光景をみて

マグリナントバリエーションのアンパンマンを思い出したのは私だけでいい。(;´-ω-`)
まぁアンパンマン…っつーか、それの元ネタは昔のロボットものだろうけど。

ちなみにBlog上に漫画とかアニメとかの文句をブータラ垂れてながしておりますが、実際にはその作品を楽しんで読んだり観たりしているのが私です。すいませんどうでもいい話でした。
[PR]
by CompoundBow | 2008-05-11 20:39 | 漫画・小説・アニメ・映画など

さすが黒田だぜ、メインキャラだろうが脇役だろうが容赦しねえw

…HDDレコーダーって怖いよね。番組録画設定しとけばそれに安心しきって放置してそのまま見なくなるんだから…。


…すいません冒頭から関係ない話をしてしまいました。
ってなわけで今更ガンダム00の24話を観た次第であります。
人、とにかく死にまくり。サーシェスと炭酸はいまいち生死がはっきりしませんが他は軒並み死んでるし、マイスター含むプトレマイオスのクルーも死にまくり。
クルーがことごとく死んだのも、「戦闘状態に突入して敵に近接された無防備な母艦が無事なわきゃねえだろ」と言わんばかりですっきり。
唯一疑問だったのは敵のライフルから発射されたビームがうまーくコックピットのほとんどを吹き飛ばしたクセにリヒティとクリスの2名はわりと体の原型を留めたままだったところですかね。
まぁ演出上の問題なんでしょうけど。
あそこが単にプトレマイオスが爆発するシーンだけだったら今頃炭酸と同じく「まだ生きているに違いない!」といった反応が起きてしまうはず。そういう意味では必要でしたかね。

他からは評価低いようですが黒田信者(笑)な私としてはかなり好きなんですけどね、ガンダム00。おそらく放送側の都合でかなり無理矢理な設定を押し付けられて今の00はできたんだろうなぁ…。おそらく禁忌とされてきたであろう、ガンダムを宇宙暦や新世紀などではなく現実に使われている西暦上に登場させたり、種、種死ほどではないにしてもガンダムが兵器という枠を超えたチート設定だし。(ちゃんと機体に限界設定は設けているところは評価できますけど…それでも完全武装で新型機を大量配備されてる基地をたった4機で攻略とかできるわきゃねえ…)
んでも好きなもんは好きだ。(笑)

話を戻しますが、24話を観終えたあとニコニコ動画を見に行ったら案の定「○○追悼動画」というのが出来ていて吹いてしまった。みんな、なんだかんだいってガンダム00好きなんですかねぇ。

●追記
さっき24話見直したらプトレマイオスで死んだメインクルーはリヒティとクリス、それと医務のおっさんだった。…最初リヒティのことを「コーティ」って書いてたけど違うじゃん。(;´-ω-`)というわけで上の部分も直し。
サーシェスはやっぱり死んだのかな…。中佐の「鹵獲した機体も失って」という言葉は、ぶっ壊されたガンダムは回収できてないのか、はたまた回収できてても修復不可能な状態なのか…。最近の話でいたずらに戦火を拡大させる憎まれ役ってのは見た覚えがない。基本的に勧善懲悪モノは嫌いなんですがここまで役に徹したキャラだと逆に愛着が沸くという不思議。まぁ人間的にどうなんだ、と言われそうですが。
ちなみに炭酸は死んでようが死んでなかろうがどうでもいい。むしろ今まで何度も戦闘で機体破壊されてたのに生きてたほうが不思議。No one lives forever.

●追記その2
なんでコーラ生きてんの…。最後の最後まで素敵な変態っぷりを見せてくれたグラハムさんもGN粒子を浴びたせいか顔面修復ができず仮面被って復帰してるし。サーシェスが生き延びたのは嬉しいが…しかし皆さん近距離で大爆発起こってるのによく生還されましたな…。
まぁでも、プトレマイオスクルーの大半が失われたのは良いことだ。…いや、人が死ぬのが良い、とかそういうのではなく、しっかり「世界の流れ」とやらの報いを受けたのだなと。
まぁ秋から2期が始まりますが、脚本と構成は変えないでね、といいたい。
黒田の描くキャラ像はどいつもこいつもひん曲がっててさらにキャラ自信がそれを自覚していながら暴走するから面白いんです。傍から見ればファンというか信者の戯言と思われるかもしれませんが。
[PR]
by CompoundBow | 2008-03-25 07:14 | 漫画・小説・アニメ・映画など

好きな漫画が終わってしまいました。

あー、ナイブズ戦に突入してからずっとグダグダだったトライガンや、前巻で急展開を迎えたARIAが終わってしまった。
ARIAのラストが衝撃的すぎる。何しろあのアリシアさんが…ああああorz
精神ショックが大きすぎるぜ…ははは…は…。


話は変わるが今頃スカイガールズを最後まで観た。
対ワーム戦のラストのあまりの酷さに唖然とした。
最終話はあんなもんでもいいと思うが、肝心なところが手抜きすぎてもうなんとも…。
まぁ私的にはスカイガールズは追浜基地を出たところで終わってました。その後のストーリーの拙さはちょっと限度を超えてた。

アニメ版が面白いので、原作たる「CLANNADは人生」のフルボイス版をプレイ中。
エンディング迎えるまでの攻略ルートがややこしいし多いので疲れてきた…。アフターストーリーのルートに辿りつくまで体力持たぬ…。
ごくフツーの話ではあるが、幸村のじいさんの話が結構好きだったりする。
[PR]
by CompoundBow | 2008-03-13 16:54 | 漫画・小説・アニメ・映画など

ARIA 11巻

ぬぉぉぉぉ…アリスがぁぁぁぁぁ…
リアルの方の猫アリアがぁぁぁぁぁ…

・゚・(ノД`)・゚・。
嬉しさと悲しさ半分。

詳細はARIA 11巻を読まれたし。
(宣伝ではない。一応。(笑))
[PR]
by CompoundBow | 2007-10-03 22:22 | 漫画・小説・アニメ・映画など

東海=倒壊=倒潰…

地震のことじゃありません。それに関してはこの単語を用いるには不謹慎すぎる。

今回は東海テレビの「ひぐらしのなく頃に解」の連続放送休止の件です。
2週連続で放送休止ですから、このままだと放送自体が打ち切りになる可能性も…。
いやいや、スポンサーから金貰っている以上そう易々と打ち切れないはずだが…
それともあれか、あほらしくて考えたくも無いが「上からの圧力」とかか!?
折角第一期よりも第二期は格段に原画が安定して安心してみられるというのにこの惨状…。
…ゆるさないッ…ゆるさないぃぃッ…!!!
放送中止にした奴みんなまとめてッ……!
(ここで頭の中が陰謀論と妄想が全ての雛見沢回路に切り替わる)


(前略)
どうしてこんなことになったのか、私には分かりません。
これをあなたが読んだなら、そのとき私は「絶望した!倒潰テレビのチキンさに(略)」しているでしょう。
これを読んだあなた、どうかこの不明瞭な放送中止の真相を暴いてください。
それだけが、私の望みです…。




まぁ有線で観れば済む話なんだg(ry
この家に引っ越すとき入居者全員加入とかアホな強制やらされたけど、今からすればありがてえ話だ。
ニュースとアニメ、ときたま妹と一緒にお寒い芸人のコントを見させられるが、まともな番組が放送してないと判断したらすぐさまヒストリーかCNN、ディスカバリーに変えれるのはありがたや。
[PR]
by CompoundBow | 2007-10-02 09:15 | 漫画・小説・アニメ・映画など


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧