カテゴリ:漫画・小説・アニメ・映画など( 66 )

トライガンと茨の王とブレイクブレイドと

ここのところよく劇場でアニメ映画を観てます。
しかしまぁ、視聴前の期待値と実際の出来が反比例していて悲しいところ。

・トライガン
単行本最終巻の映画化アナウンスから3年経ってようやく完成。
しかし製作はマッドハウス……90年代後半のひどい作画のアニメ版を思い出させられる。
話自体は結構好きだけどもうちょい綺麗に描けないものか…と思ったのは良い?思い出。
当時はどこのアニメ会社も相当やばい状況に追い込まれていたようで(今でもどこもやばいらしいけど)、原画の崩れは…まぁ仕方ないのだろう。たぶん。
話を映画版にもどすと、ノリや話の構成は明らかにTV版の重要シナリオの合間の話。原作最後の、もうなんかよくわからない状態になるヴァッシュさんとかは見ることなく終わる。
そういう意味では所見の方もノリよく観れるかもしれない。一緒に言った友人もはまっていたし。
ただしヴァッシュの超絶射撃はほとんど映らない。映らない、というのはそういうシーンがないのではなく、構えたと思ったらもう発砲し終えていて相手が無力化されているという、派手なガンアクション好きからは敬遠されるパターン。個人的には左手の銃を使うことなく終わってしまったのが物足りなかったかな。
まぁTV版のノリ自体はすきなのでまぁまぁ楽しめました。
……ああ、トライガンは一度TV版でリメイクしてもらえないだろうか。もちろんストーリーラインは原作に沿って。


・茨の王
まったく事前情報しらずに見に行った映画。原作者はDTB漫画版で些か知っているが、茨の王が海外で高い評価をうけている作品(劇場版公式の情報による)だとはまったく知らなかった。
脱出&パニック映画をアニメでハリウッド臭くしてみました的な感じというと多少はわかりやすい?
完成まで4年かかっているだけあって相当気合が入っている。参加している原画マンの人数、会社の数が半端無い。本当に力いれて作っているのだなと感じさせる作品となっている。
難を言えば、3D描写が拙い。3Dを使うなら使うでいいのだが、それまで2Dで描かれていた人物までも一緒に3Dにしてしまうので違和感がひどい。後述するブレイクブレイド第一章では人物の2Dとゴーレムの3Dをしっかりわけて描いていた。(ゴーレムは2Dになるときもあったが違和感はまったくなし)
それさえ除けば非常にお薦めな作品。


・ブレイクブレイド
…一番期待して一番がっかりした作品。
6部編成なのはいい、しかし1時間しか上映時間がないというのはどうなんだ…。
先に試写会か何かで見た人が原画の崩れが多いという話をしていたようだが、個人的にはそれほどきにならない。むしろそれよりひどい問題がある。
上映はデジタルシネマにて行われた。パソコン上で作成したメディアをフィルムにする必要がなく、データを直接プロジェクターで映すので原理的には綺麗、という代物だが…
ジャギーが目立ちまくるのはどうなんだ!?
ジャギーが目立ちまくったのはあれだ、こういうたとえ方でいいと思う。
『BD用の大型TVでDVDを映してしまった感じ』
これにつきる。
映画の横でシギュンの抱き枕カバーやスポーツタオルなどが売られていて「エロゲーかこれ」とあまり理解のない方から散々言われていたようだが(まぁ商品展開にも相当問題があると思うが)そんなことはどうでもいい。
とにかくデジタルスクリーンをどうにかしてくれないと安心して見れない。私はBDはもう予約済みなんでいいが、あの画質は観客に無理にでもBDも買えよ、と脅しているようなものだった。もうBD版先行上映会以外の何物でもないな。
原作を相当好きなだけに、今回のこの仕様は本当に残念である。愛知以外の劇場で似たような惨事になっていないことを切に願う。
ちなみに話自体は問題ないのでこれから観たいと考えている方、そこだけはご安心を。
まぁ、6部全部みないと話が終わらないのでそこを不満に感じる方は多々おられるだろうけど。


…ところで、私はブレイクブレイドのBDをアマゾンで注文したのだが…
http://ga.sbcr.jp/manime/014900/
…注文をこちらに変えたほうがいいかなぁ…としょうもないことを考えている。

※以下反転
しかし皆わすれていないだろうか、わけがあろうがなかろうが、名義上はシギュンはホズルの嫁だということを…
人妻の恥らう姿や裸身をみたがるなんてよほど他所のご家庭をぶち壊したいのか、まったくどういう性癖をしているのかと、拙者は実にかなしく思い…(くだらないので略)

[PR]
by CompoundBow | 2010-05-30 02:59 | 漫画・小説・アニメ・映画など

魔法少女リリカルなのは THE MOVIE 1st

昨日のレイトショーで観てきました。
夜遅く、しかも上映時間が2時間10分であることを考えると少し躊躇したのですが、散々迷った挙句、上映40分前に決断。車を飛ばして面倒な位置にある劇場へ。

上映には間に合ったのですがすでにCMが始まっており、上半身を折り曲げたまま指定座席へ。
席に着く直前にちらっと辺りを見たのですが、暗い劇場の中でも「大きなお友達」がたくさんいることがすぐに分かりました。
まぁ時間帯と内容を考えたらごく一般のお子さん連れとかくるはずないんですけどね…。

肝心の中身ですが…。
まぁ1クールでやっていたものを2時間程度に詰め込んだのはわかるとしても、やはり全体的に話を飛ばし気味でした。短時間にジュエルシードがすぐ集められたのは、後半のテスタロッサ家の悲劇と転落を見せるためとはわかるけども、世界観の説明はもう少し必要だと思う。
そのほか途中でデバイスと一緒に考えた大技とか繰り出したり魔法の練習風景も少しだけあったのですが、内容だけで考えると完全に才能だけで勝負しているような。TV版も似たような感じでしたが、もう少し努力のシーンがあってもよかった気がします。
完全新作と書いてあるだけあって戦闘シーンは力はいってましたが、原画の崩れはわりとあったかな。
というか絵が汚いところが結構あった気がします。フィルムが悪いのか映画館のスクリーンなど機材が悪いのかは不明ですが。

どーでもいいが新キャラがはやてに似ている気がする。プレシアの話からすると本編始まる前にもう寿命で死んでいるようだけども、続編で出てきたりは…ないか。

まぁ久々に映画館で映画観て楽しめたし、大音響で観るのもおつなものです。
さて今度映画をみるとしたら…やっぱりブレイクブレイドか。今のところ東京、大阪、愛知の3か所しか上映映画館が無いようなんですが、愛知のは微妙に交通アクセス悪そうでこまる。観たければそこにいくしかないんですけどね。
[PR]
by CompoundBow | 2010-02-15 12:56 | 漫画・小説・アニメ・映画など

ペイブホークとバトルホーク

仕事中に唐突に思い出した。

CANAANの11話で、
“蛇”の拠点をアメリカのタスクフォースと人民解放軍が攻めるとき、先陣を切って攻撃したMH-60がやたら武装だったが、
「追加装備満載だがさすがに護衛の攻撃ヘリなしじゃMH-60だけではつらいだろう、常識的に(略)」
なんて思っていたんですが…。

検索かけたらでてきた。一応あるのね、派生方の攻撃ヘリバージョン。
http://www.globalsecurity.org/military/systems/aircraft/ah-60l.htm
まぁナム戦中のイロコイスにも攻撃能力付加した軽攻撃ヘリみたいなのがあったからありそうだなとは考えたことあるけども…。
もっともCANAANの作中で飛んでたヘリにAH-60があったかどうかは不明。
映像みただけじゃハイドラ70ロケッドポッド二基とチェーンガン2挺積んだMH-60だけだと思う。
しかしいくら頑丈とはいえブラックホーク…単純に航続距離だけでみればそれしかないのかもしれないけど適切な兵力だったのかちょいと疑問。
Mil-24みたいな運用法だったのだろうか。

しかし11話で例の三佐が
「部隊は作戦終了後、アフガンの前線基地に帰投」
といっていたが、アフガンの前線基地~中国の山奥(上海から数日程度進んだところ)ってどうやって行くのだろうか。空母か何か別の拠点から飛び立って蛇の拠点攻撃後、アフガン行きとしても、
いくら空中給油機能があるといってもめちゃくちゃきつそうだが。車両部隊もいたし道中に中継基地はいくつかあるんだろうけど…。領土内に基地なんざよく許可おりたよねという話に。

…まぁ国土がだだっ広いから警備網の穴多すぎて侵犯されても気づかないんでしょうねたぶん。
その話の前にもB-2による爆撃あったし。


…しかし…なんだ…話飛ぶけど、田中理恵にああいう役やらせると最高ですね。
だが沢城みゆきとはライバル関係の役で共演しているのが多すぎる気がするのだが気のせいだろうか。
[PR]
by compoundbow | 2010-02-03 01:12 | 漫画・小説・アニメ・映画など

色々と

○true tears..のBD-BOXの件
無事、2000以上の受注を得て生産になったようです。バンダイビジュアルからメール着てた。
うれしいぜわっしょいわっしょい。

○ブレイクブレイドのアニメ化
アニメ化というかアニメ映画化といったほうが正しいのか。
製作会社はプロダクションI.G.ということで期待大。まぁ、最近のI.G.はアニメ製作こけてた気がしなくもないですが…。
ただキャストがなー…
ライガットの声が保志総一郎ですか…種のイメージのせいで超人化されないか不安。
いやまぁ、深ーく考えるとライガットさんも超人ですけどね。今までゴゥレムに乗れなかったのに初めて乗った機体であれだけ動けて且つ乗り物酔い起こさなかったんだから。まぁ、いいんですよ細かいことは。

○にゃんこい!の二期
最終話で発表されたらしいが、あるらしいが、ないらしい。どっちよ…。
まだ見れてないし確認とれてないけどさ…
公式みたらコミケでPVやるとかある。(リンク先)
ひょっとしたらそこで公表なのかもなぁ。
どうでもいいがケメコデラックスの続編って製作元の会社潰れて無くなったって本当っすか。製作元のハルフィルムメーカーが潰れた事自体はウィキペディアに書いてあるのですが。(リンク先)
原作読んでる身としては続編ないとあの終わり方じゃ納得いかん。いや、読んでなくともアニメ版のあの話の展開からすると納得いかんがな。(;´-ω-`)
てかハルフィルムメーカーが合併吸収されたとなると、ARIAシリーズの今後の扱いはどうなるのだろう…。
実に不安である。

○リリカルなのはの映画化
映画化自体は古い情報だけども、コンビニに普通に映画の看板立ってたがいいのかあれ…。
どう考えても一般向けじゃないが…。
[PR]
by compoundbow | 2009-12-19 15:00 | 漫画・小説・アニメ・映画など

true tears BD-BOX受付中!

http://www.truetears.jp/bd/
きたよきたよきましたよtrue tearsのBD化!
なに、情報が古い?細けぇこたぁいいんだよ!
これだけは絶対に買う。絶対だ。
ああ内容や映像もさることながら、また名塚さんボイスで比呂美の罵りが聞けるのですね。すばらしい。
てか俺が罵られたい。マゾですいません。




…なに、いま気持ち悪いと思ったか。
そんな奴は、アブラムシつながりでDTB2期のターニャさんによる全身アブラムシの刑に処す。
[PR]
by compoundbow | 2009-11-28 02:33 | 漫画・小説・アニメ・映画など

ウラー!!!!!(←もちろんロシア語で)

http://www.first-squad.com/

原作ロシア、製作日本。

祖国がヤバイ、ってときに超能力を持ったソビエト式ナントカチルドレンがでてきて奮迅するも、
対するドイツ軍がドイツ騎士団(というかその分団の帯剣騎士団かよくわからんけど)の亡霊を蘇らせてそれに相見える、とかなんとか。



んで、なぜ日本刀?

どうでもいいこと
[PR]
by compoundbow | 2009-10-20 22:26 | 漫画・小説・アニメ・映画など

打ち切りかなんなのかわかりませんが

制御回路ばっかり弄らされて頭がおかしくなってきた棒です。
家に帰ってきても作業途中の回路の映像が頭にこびりついて…つ、疲れがぬけん…。

読んでいる漫画は、基本的に単行本の情報でしか知らないのですが、(ネタバレするのが一番嫌だから、だけど)
この度「アイレボ」が11月刊行の3巻で終わるようで。
(;´-ω-`)…。
打ち切りなのか…打ち切りなのかこのパターンは。
まぁたしかに、相手の動きを見るだけで何でも真似できちゃうー的な主人公じゃつまらんかもしれませんが、
「よいではないか。もう少しつづけてみたまへ」という尊大かついい加減な態度で読んでるアホもいるのです。
主にここに。
なんつーか脱力し呆然とした。「いい加減な態度で」云々といいつつどんだけ楽しみにしてたんだ自分は…。
悲しくなりつつ私は買ってきたブラックラグーンを読む。
うん。心がヒャッハーとなるな。

どうでもいいことですが原作版禁書の19巻が11月発売です。
ホント凝りねえなこいt…… 相変わらず書き下ろすの早いですね。

またハイジャック犯相手に説教かましたり熱湯で銃が作動不良に陥ったり(相当粗悪なサタデーナイトスペシャルだったに違いない…と好意的に解釈)バンカークラスターみたいな夢とロマンが詰まった兵器で周辺国を恫喝したり恫喝した後は自分は引きこもって事を収めるみたいな流れに全英が涙して助けにきたりとそんな素的なお話を待ってます。

…いえいえ、こんな書き方してますが楽しみにしているのは本当です。悪い意味ではなく。
[PR]
by compoundbow | 2009-10-19 20:36 | 漫画・小説・アニメ・映画など

ワルキューレ観終えた

結局ババアDVD…もとい、PowerDVDは最新より4つ前のパッチで何とか動かせるようになった。
まぁ30分程度見ると強制終了や停止ばっかり起こす欠陥品なのは変わらないがなんとかワルキューレ観終えた。

あれですね。実機飛ばしたりストーリーラインはまぁ良いんですが、根本的な問題としてトム・クルーズはないと思う。何故にアメリカ人を用いるのか…。ヒトラー役やヒムラーなどの役も微妙だし…。
あんまり語るところがないなぁ。

追記
そういや劇中最後に信管付きの柄の先に何もついてない、手榴弾みたいなもので自殺した将校がいたけど…爆薬なしでどうやって死んだのかすごく不思議だったけど…見間違いかなぁ。それとも普通の柄つき手榴弾とはものが違ったか…まさか大戦末期の爆薬固めて形作った手榴弾…なわけはないか。
[PR]
by compoundbow | 2009-10-01 01:09 | 漫画・小説・アニメ・映画など

買った漫画

アイレボ-Ice Revolution
ジャケ買いならぬ表紙買いしたけどかなり当たりだったZE
フィギュアスケートの漫画だが、主人公が順に成長していくお話だし、成長していく話のお約束を守る漫画なので初心者にも優しいと思われる。(?)
かく言う私もフィギュアスケート知らないのですがお約束をつっぱしる漫画なので分かりやすい。
(名古屋はアイススケート天国とか言われてますが、関わりのない人間にとってはやはり少し遠い話なのです)
たまに構図で見せるために体の骨格というか絵がおかしかったりするんですが全体的に絵は上手いと思う。
あとぶっちゃけエロい。

ムダヅモ無き改革
なにがなんだか分からないがとりあえず何か笑いたい欲求に駆られた人向け。
とりあえずなにがなんだか分からない展開だが笑える。
政治パロディとかセリフの意味がわかればもっと笑えるかもしれない。


ところでゲームのS.T.A.L.K.E.R.にはまったので、ゲームの元となった原作(小説)を映画化した「ストーカー」をアマゾンで買おうとおもったら、ストーリーがDVD2枚にぶつ切りにされているとあって断念してしまった。
155分ならDVD1枚に入る気もするけど…画質を保とうとしたら容量足りなかったのかな。
まだ考え中だけどもう少し時間があれば買って観るかもしれない。
[PR]
by CompoundBow | 2009-08-19 01:35 | 漫画・小説・アニメ・映画など

なんでもかんでもすぐアニメ化すりゃいいってもんじゃない

ブレイクブレイドが、アニメ化のようで…。

サヨウデゴザイマスカ…。

7月8日に重大発表告知!とかあったから「また何も考えずにとりあえずアニメ化しました」かな、と思ったら案の定の結果に。
いや…ね、漫画絡みで重大発表とかいったらもうアニメ化くらいしかないわけで…。
たまに変化球でゲーム化、それがきわどくなるとフィギュア化、少し前なら先にドラマCD化ってのもあるけども、
漫画という媒体から考えて基本的にはメディア展開しかないわけです。
そこで重大発表とかいわれてもね…と、最近の漫画の広告の仕方に疑問を投げかける。

それと誰が発起人なのかはわかりませんが、単行本6巻までしか出てないのにアニメ化するのはやめていただきたい。
原作つぶしもいいとこです。
アニメ化されればほぼ確実に原作と変わる。
それは仕方ないことと思っているけども、原作の刊行数が少ないアニメほど方向性が酷くなっていると思う。
(刊行数が多すぎて無理に話をまとめようとした結果、失敗するのも多いけど)
方向性というのは結構大事で、素材がほとんど同じでも方向性が原作と逆向きとなればもう完全な別物。
「この原作を使う意味はあったのですか…?」的なものが出来上がってしまう。
いやぁなんつーか、素材を無駄に使い潰して終わりというのが嫌というだけの話です。
でも、もう少し話を熟成させてから…とか考えないのかな…。
まぁどうせ放送されれば観ちゃうんでしょうけどね。そういう自分の弱さも嫌ですが…。


話は変わりますが…。
戦場のヴァルキュリア、なんだかもー痛々しくてみてらんないと思いつつも14話?まで観てますが、
2クール目に入ってOP・EDが変更。すごく良い感じのものになってますね。(というかある意味別物では…)
本編も第2OPくらい動いてくれればなぁ…と思わざるを得ない。本編は「多少は絵が良くなったかな?」という程度。
まぁ今後も「悪いのはこの戦争よ!」くらいの頭の悪いセリフを期待してます。
(…いや、セリフは多分原作にあったものだろうけど、井上麻里奈の演技でやってしまうと内容薄っぺらなセリフへ妙に熱入っちゃって、聞くとなんとも言い難い感覚に…いや声や演技は嫌いじゃないというか好きなんですがやっぱりそういうのでちょっと、と言いますか、いやぁ…あの…その…なんとも……ああ駄目だ、私の表現不具合に拍車がかかってしも)


(;´-ω-`) …あの、収集つかなくなるんでとりあえず黙っときます。


●どうでもいい追記
本当にもうどうでもいい話だろうけども、あの世界の戦車って中どうなってんの…。
砲塔は独立してないけど砲身が180°旋回しても指揮官席から発射できるし、装填手いないし。
戦車長席を中心に砲身と自動装填装置がグルグル回る画期的なシステム!
……なんていうものを搭載してるんだろうか。
あと2期OPで砲身を前にして壁破ってたけどあれは砲身がイカれてしまうがな。
しかし砲身逆にして突っ込んできたら絵にならんかもなぁ…。
[PR]
by CompoundBow | 2009-07-15 23:42 | 漫画・小説・アニメ・映画など


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧