アンプ……

現在使っているヘッドフォンアンプはPERREAUX SXH-2 であります。
このヘッドフォンアンプ、明らかに音源の細部を削ってます。
また所持しているサウンドボードのProdigy192 SPはヘッドフォンアンプを搭載しておりまして、比較的Low-Fiでバックに微かなハムノイズが走るような安物ではあるのですが
正直言って音の再現性?を考えるとSXH-2よりこっちの方が上
だったりします。
なんというかSXH-2は響きが弱いです。ボーカルや楽器の音そのものを真近に出されている感じで、曲の全体像が掴みにくく、収録された情報の細部を聞くには適していない。
その細部には普通、音楽鑑賞には邪魔な音源の粗も含まれていますが、私は鑑賞しながら粗を探す変態嗜好でありまして、SXH-2のように粗もなにも分かったもんじゃないのっぺりした音を出されると何も分からない。
またじっくり比較すれば認識は異なってくるのかもしれませんが、すくなくともProdigy192のほうが聴きやすい。というのも、SXH-2は高音に偏ってテンションもきつくなるからでありまして、長時間の使用には耳が耐えられません。非常に疲れます。落ち着いて鳴るのもの方が好みであると今更気づいた私。

(アンプに接続するサウンドボードをE-MU 0404からPROGIDY192 SPに換えたところ、高音のきつさがとれ、以前に比べ落ち着いた音を出すようになりました。
音の傾向も「単一の音を聞くモニター的」から「雰囲気を重視する音楽的」になったような気がします。説明を主観と稚拙な文でしかお伝えできないのが残念ですが、私としてはこの音は気に入りました。
E-MU 0404の高音の癖は周知の通りなのに、てっきりアンプがきつい高音を出しているのだと勘違いしたままでした)


修正に次ぐ修正。
E-MU 0404側の出力を一気に-10dbにまで落としてアンプ側のボリュームを上げると、高音のきつさが取れ、元気な音になりました。
いつもアンプ側のボリュームをかなり小さく捻っていた(ボリューム回転量は全体の8分の1程度?ギャングエラーが起きる直前くらいの量)のですが、これがいけなかったようです。
今までは「アンプが力をだせない状況で、しかも送信側の自己主張が強すぎる」状態だったのかな。
もう試行錯誤の連続ですよ。より良い音を聞くためなら何でも試してみます。(その結果、また評価が変わってきたりして…十分ありうる)


電源コンディショナーの導入も考えているのですが、
(一番の候補はこれ→→ FURMAN POWER FACTOR PRO レビュー見る限り案外いいらしいです。最安値は¥29,800。Hydra Model-2を個人輸入するより安いし)
現状を考えるとコンディショナーを投入してSXH-2を生かすよりはもっといい音のヘッドフォンアンプと買い換えたほうがいいかと思うのですが……
(それよりはヘッドフォンそのものを変えれば済む話かもしれませんが…そっちの方が安上がりだし、自宅用はPROline750しかもってないし…)

嬉しいながら困ったことに興味がある製品が次々と増えて、やはり困っております。
(下のリンクより続きの文章が読めます)



当初の一番候補
バクーンプロダクツ HDA-5210
お値段はオプションなしで¥126,000なり。
アッテネーターが初期装備だったり、普通のヘッドフォンアンプの駆動方式が電圧式であるのに対し、このヘッドフォンアンプは電流駆動という特別な駆動方式を装備していたりとなかなか興味深い製品です。(電流式だけでなく一般的な電圧式も使えます)
電流駆動を行うにはインピーダンス変動の小さいヘッドフォンの方が適すようですが、Headroomの周波数特性によるとUltrasone社のヘッドフォンはそれにジャスト。
まぁたとえ電流駆動がよろしくなくとも、非常に音がよいとの噂ですからいいんですけど。

ところでHeadroomを久々にみたところPROline750の評価がこんなことに↓
http://www.headphone.com/products/headphones/all-headphones/ultrasone-proline-750.php
それとPROline750より微妙に評価の高い650
http://www.headphone.com/products/headphones/all-headphones/ultrasone-proline-650.php
ってなにこの評価。趣旨はわからんでもないけどユーザーからすればこれのレビューはしどいわしどいわ。。・゚・(ノД`)・゚・。先週末に催されたTeam BloodのOFF会でもこのヘッドフォンは好評だったのに。
(注意・PROlineの価格については翌日の投稿で補足あり)
ただまぁ、PROline750のイヤーパッドはあまりに耐久性が低いため欠陥品に近いものがあり、今度はPROline650のパッドと換装しようと考えています。あのパッドは数ヶ月使ってもへたっただけでまったく破けたりしませんでした。というか、750の耐久性がおかしすぎるだけかもしれませんが。ついでに650のパッドを換えると遮音性が激向上します。音量を小さくしても、曲再生中に人の声は聞こえなくなります。ただ750につけると低音がブーミーに鳴りそうですが…。


話をもとに戻します。
ヘッドフォンアンプとして二番手は
インターシティ HD-1L Limited Edtion
参考価格だけどお値段は¥98,000。
HDA-5210より3万も安いが、こういうものは値段で判断するべからず。
3万より安くとも音がいいとも悪いとも限らない。
HD-1Lのレビューも読んだところかなりよい感じであります。
しかしながらMusic To Go! さんにUltrasoneの最高機種であるEdition 7と各種アンプとの比較レビューがありますが、
Edition7が光るのはさまざまな楽器が複雑に絡み合うときです。
驚くのはEdition7ではひとつひとつの楽器の音をきれいに分離するだけでなく、音色もきちんと描き分ける力を持っていることです。これは音の粒立ちのよいP-1で強く感じます。

他のレビューでもそうですが、ゾーネ製品はP-1を使う方が製品の特性を生かせているようです。
PROline750はEdition7の「片鱗を受け継いでいる」らしいので、この記事でも相性ではP-1をプッシュされているのでHD-1Lは候補から消えそうです。
なおいくらゾネ製品と相性よくてもあまりに大きいP-1は購入対象から除外されております。

ただ上記の二種はどちらもメーカーの貸し出しサービスを受けられるそうなので、レンタル料金次第で一度受けてみようかと思っています。しかし、同時期に二つレンタルしないと違いがわからんなコリャ。


お次は気になる新製品情報。

PS Audio GCHA
http://www.psaudio.com/products/gcha_headphone_amplifier_overview.asp

PSaudioは主に電源コンディショナーや電源ケーブルを製造している会社ですが、そこが突然ヘッドフォンアンプを作ったようです。
見ていただきたいのが4番目の写真。「何このでかいトロイダルコア。ふざけてるの?」って感じですが、おそらくこのデカいトロイダルがノイズフィルターの役割や安定化に繋がるんでしょう。電源メーカーらしい着眼点。ちなみに3番目の写真を見てもらえればわかりますが、入力はRCAアナログと何故かUSB。DAC内蔵なら普通のコアキシャルもつけて欲しいものです(;´Д`)
ちなみにお値段は$995のよう。某掲示板では国内販売価格は13万というレスもありましたが、個人輸入すると11万円以内に納まるのではとおもったり。これはもう完全に人柱待ち状態。


あとは某掲示板で見かけた、国産デジタルヘッドフォンアンプの噂。
年末までには何か出るんかな……。けどオーテクの20ウン万みたいなのは要りませんよ…。
限度額はHDA-5210まで。これでも非現実的な設定だというに。
どうせ購入は年末かそれ以降なのでそれまでに出てくれればいいんですが、やっぱり新製品情報は早く知りたいものです。あー気になる気になる…。


最後に、昔購入候補だったヘッドホンアンプ。
Headrom Headpone Amps
http://www.headphone.com/products/headphone-amps/headroom-amps/
GRACE Design M902がバカ売れしているのに目をつけたのか、新ラインナップされたHeadRoomのアンプにはDACが標準装備に。
いや昔の機種のようにDACは別売りでアンプ単品の方が嬉しいのだが…正直言って、現状ではDACはいらないものです。(当然金銭的理由による)
DAC導入で高くなり、正直言ってHeadroomは購入対象からかなり遠のいた。一新されたアンプの音はよくなっただろうけど、とても手が届きそうになくなって落胆してしまった。


PCゲーマーとしてはアンプだけでなくPC強化も切実です。ちょっとF.E.A.R.のマルチデモがまともに動かなかったのには驚きました。もう私のPCも限界を迎えようとしているのか……3年前はハイエンドモデルだったのに。
当面の予定としてはバイトで入った金ででPC強化>>一部をアンプ購入資金にするため貯める ってことになりそう。しかも金が入るのは12月。だからアンプの「購入」は今悩む話ではないんですよね。しかし色々と欲しくなる…。
もうまともに勉強してない私が言うのもなんですが、そうなった学生は暇です。
ネットで新製品情報ばかり知ってしまい、物欲だけが無尽蔵に沸く現状はいかんですな…。
[PR]
by CompoundBow | 2005-10-11 01:53 | オーディオ - 機器


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧