ヘッドフォンアンプ二号完成

喪中につき今年もよろしくとだけ書き候。
ようやく完成した。というか途中回路間違えてぶっ壊れたのとコミケを挿んだのとで製作時間に間があり。

マルツで売っていたLinkmanのヘッドフォンオーディオキットを使ったのは換わらず。
ただし抵抗全てを金皮抵抗に代え(1W抵抗も基板から浮かせて金皮を使用)、出力段のトランジスタをローノイズトランジスタに換装、仮想GND電源用のトランジスタもグレードを上のものとした。
キャパシタは散々迷ったが、結局ニチコンのFine Goldを使用した。そのままでは抵抗が邪魔でつけられないので下駄を3枚履かせて無理矢理装着。そうやるのであれば、手持ちはあるが使いどころが分からなかったMUSEコンのシリーズの上位部品KZを使えば良かったかもしれない。まぁいい。

内部配線はテフロン被覆の0.4mm純銀線。ボリュームは東京コスモスのRV24-100kΩ2連Aカーブ。電源はLinkmanのDC12V1A・ACアダプター。RCAジャックはトモカのC-60。TRSジャックはメーカー不詳。ただ挿入の感触がよろしくないので、秋葉にいったときにトモカで購入したスイッチクラフト製ジャックに換装したいところではある。
音像はセンターより若干右より。部品のつけ方がわるかったか、それともボリュームが悪いのか、とにかくボリュームを絞るとギャングエラーあり。一応ボリュームは換装の予定。
出来上がったものは、増幅段のオペアンプを変えるだけで音が変わりすぎて思わず笑ってしまう仕様となった。
試したオペアンプは以下の三種。試聴に用いたヘッドフォンは、基本的に低域が薄く音の変化がわかりやすいAKG K701(個人的には澪ホンなんて愛称は不名誉極まりないと思う)、PCに接続したUSB-DACはHEGEL HD10を使用。音楽データはエリック・クラプトンのいつぞやのライブ盤。
・TI OPA2134PA
・NS LME49720NANOPB
・JRC MUSE8820
この中ではOPA2134PAがごつごつした音を出した。しっかりと骨のある音で好きだったが、IC交換ツールを使うときに足をひん曲げて使えなくしてしまった…。勿体無い。
LME49720は中高域が延びるが低域は薄い。他に特筆すべきところはない。
MUSE8820は上記二種の中間である。まぁLME49720よりは低音はでるが、OPA2134PAと比べると物足りない程度。
念のため付け足しておくと、私は別に低音大好きな人間ではない。しかしながらしっかりと低音がでていないと音が薄すぎて物足りなくなる曲がおおいので(ロックが多い)、音の変化を求めるときもそちらに傾いてしまう。まぁ仕方無い。
で、今の状態はMUSE8820をつけたままである。そのまま使用しても差し障りのないためそのようになった。
なお音質は全く問題なし、実にクリアな音である。(ギャングエラーは致命的であるが)

あえて言うなら…「これがヘッドフォンアンプかぁ…」とちょっとネガティブな感想がでる程度である。まぁ元々HD-1L PEの実家帰りの間を待つため、また電子回路を作ってみたいという欲求に従って作ったに機体なので、別に文句をつけるところはないのだが…。まぁなんにせよ、2号機完成で1号機は不要になった。
こいつはゲーム仲間にでも売りつけようか。

次回は回路図を起して基板に部品をつけて完成させる予定。回路図をつくる力量はないので、他所様の回路図を拝借する。これも前々回かそこらへんの投稿の記述通り。



余談
前回の投稿でUSBDACの販売ブースを紹介したが、実際に買いにいったら時間が遅すぎたらしく完売していた。しかも遅れた理由というのが、サークルの場所・片仮名の「ヘ」を平仮名の「へ」と間違えて、西館に移動してしまった件。そこでブースを探すこと十数分。
「ひょっとしてカタカナの『ヘ』か!?」と今更になって気づくが時既に遅し。
なるべく早めに行きたいが混雑していて無理だった。そしてたどり着いたら既に売り切れていた。南無三。

ただそこで面実装タイプの基板を買ったので、面実装の技能を高めるため製作する予定である。本来はポータブルヘッドフォンアンプに使うものらしいが、私はそのまま据え置き機に使う予定。
ちなみに今まで書いてなかったが、リンクマンのヘッドフォンアンプキットには面実装の超小型キャパシタを基板裏面つける必要がある。左手でピンセットを持ち、ぷるぷろ震えるまま部品をつけようとしては何度も部品をカーペットの上に落とし、「コンデンサが無い…コンデンサが無い…」と空薬莢を紛失した自衛官のごとく探し回る羽目になった。やりづらいことこの上ないが、皮肉なことに基板を一枚駄目にしてから2枚目の基板で上手く実装できるようになった。まぁ、訓練と考えれば安い…のか?


内部の写真は気が向いたら貼る予定。てか写真とってPCに入れるのが面倒くさい。今その場ですぐできることを面倒くさがる自分に辟易。
[PR]
by CompoundBow | 2011-01-02 00:24 | オーディオ - 雑感など


※当Blogの投稿記事はあなたの精神健康を脅かす恐れがあります。 ※投稿した記事は日本語として言葉として意味を成さないBow言で書かれております。


by CompoundBow

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

日常の雑感
小耳に挟んだニュース
オーディオ - 機器
オーディオ - 雑感など
仕事
漫画・小説・アニメ・映画など
ゲーム
PC
音楽
大学

運営
最初にお読みください

リンク先

Rota
RotaさんのBlog。日々是勉学。

jzlabo
リアル友人のBlog。気がついたらニュースサイト形式に変わっていたという…。気遣いがなってないというか、本当に私の対人関係はいい加減である。

ClearNoise World
オーディオを趣味とされているCNさんのBlogです。所有されてる機器のラインナップはかなりのもの。

その他、チェックサイト。
◇ゲーム◇
4Gamer.net

XASIS GAME

MYCOMジャーナル
[PC]-Impress Watch
[AV]-Impress Watch
web Newtype
ファイルウェブ
ロイター通信WEB

EDN Japan

Penguin Webcam
南極のペンギンをWEBカメラで撮影中。

最新のトラックバック

ここは酷いクラカトアですね
from 障害報告@webry
オーディオはどこからオカ..
from babypowder.jp
定価30万円のパワーアン..
from Hinemosu
事故られた!
from 立ち読み気分で気軽に読書:り..
怒涛の三連荘。今日のRo..
from Rota
育【人型二足歩行ロボット..
from いいMONOガイド
Bow殿宛私信
from Rota
NOIR
from ジャパニアニメ

ライフログ

オススメ品
彼らは来た―ノルマンディー上陸作戦

ファルージャ 栄光なき死闘―アメリカ軍兵士たちの20カ月

続ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ラスト・オブ・カンプフグルッペ

ナチス狩り

パンツァータクティク―WW2ドイツ軍戦車部隊戦術マニュアル

SAS戦闘員―最強の対テロ・特殊部隊の極秘記録〈下〉

D‐DAY史上最大の作戦の記録

武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解

補給戦―何が勝敗を決定するのか

SAS・特殊部隊 知的戦闘マニュアル―勝つためのメンタルトレーニング

戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧